ぼくのりりっくのぼうよみ(ぼくりり)のおすすめ人気曲12選!アルバムや代表曲と有名曲も!

略称で「ぼくりり」と呼ばれていて、現在では人気アーティストの1人。
アーティスト名からしてなんかグループっぽい感じがしますが、1人で活動しています。
神奈川県横浜市出身ですね。
ラッパーですが、それを感じさせずメロディ性のある楽曲が多い印象です。
独自のセンスのあるリリックが世間の注目を集め、うなぎのぼりに人気が上昇。
CMソングにも大抜擢されたことも人気を後押ししましたね。
とはいっても私も最初に気になったのはCMで曲を聴いたのがきっかけでしたw
やっぱりCMの効果ってすごいですよねw

1998年2月12日生まれで若くして「天才」と呼ばれましたが、2019年1月いっぱいで音楽活動を終了すると本人が宣言しています。
ファンは残念ですし、トラックメイカーとしての才能、ぼくりりしか歌えない歌がある中で、どうして・・という声もあがることでしょう。

そんなぼくのりりっくのぼうよみのおすすめ曲を勝手にランキング形式で紹介していきたいと思います。

ぼくのりりっくのぼうよみのおすすめ曲12選!

No.1 つきとさなぎ

2017年リリース。
テレビ東京 ドラマ25「SR サイタマノラッパー〜マイクの細道〜」エンディング曲。
SKY’s the limitと一緒に収録されている曲ですが、きいた瞬間にトラックがキテる!!
と感じたのが第一印象。
そしてAメロのラップも良い感じ。
夜に聴くと雰囲気出そうです。
ぼくりりの楽曲の中で最も秀でてているトラックかなと。
このシングルが2枚目というのも少し驚きですね。
感覚的にはもう少し曲をリリースしている印象です。

つきとさなぎ
ぼくのりりっくのぼうよみ
J-Pop
¥250



No.2 パッチワーク

2015年リリース。
当時は配信シングルとしてリリースされました。
おしゃれなトラックと聴きやすいメロディが特徴。
ぼくのりりっくのぼうよみを知った人はまず聴いてみて損はないかと。

パッチワーク
ぼくのりりっくのぼうよみ
J-Pop
¥250



No.3 朝焼けと熱帯魚

2017年リリース。
アルバム「Fruits Decaying」収録曲。
これもトラックの音が個人的におすすめ。
全体的に優しい曲調ですが、ボーカルは結構早め。
聴きやすさ抜群の楽曲です。

No.4 SKY’s the limit

2017年リリース。
資生堂「アネッサ」CMソング。
この曲でぼくのりりっくのぼうよみを知った人、聴くようになった人が結構多いんじゃないでしょうか。
ぼくりりの楽曲の中では最も有名な楽曲だと思います。

SKY’s the limit
ぼくのりりっくのぼうよみ
J-Pop
¥250



No.5 sub/objective

2015年リリース。
ヴィレッジヴァンガード下北沢店限定シングルとしてリリースされました。
イントロからAメロの入り方がかっこ良い。


sub/objective
ぼくのりりっくのぼうよみ
J-Pop
¥250



No.6 Black Bird

2015年リリース、アルバム「hollow world」収録曲。
ぼくのりりっくのぼうよみの良さが出ている曲かなと思いますね。特にAメロの前半。
このライブ動画が良いですねー!


Black Bird
ぼくのりりっくのぼうよみ
J-Pop
¥250



No.7 Be Noble

2017年リリース、ぼくのりりっくのぼうよみにとっては1stシングル。
といいつつ、実はその前にリリースされたアルバム「Noah’s Ark」にも収録されています笑
疾走感あふれるサビが特徴。

Be Noble
ぼくのりりっくのぼうよみ
J-Pop
¥250



No.8 Playin’

2017年リリース。
アルバム「Fruits Decaying」収録曲。
声の重ね方が特に良いなと思うポイントです。
2:42からのBメロが曲の中で最もおすすめ。

No.9 孤立恐怖症

2017年リリース、1stシングル「Be Noble」のカップリング曲。
アパレルショップなどで流れていそうなトラック。
そこに軽快なボーカルが乗って聴きやすい曲ですね。

孤立恐怖症
ぼくのりりっくのぼうよみ
J-Pop
¥250



No.10 クビナワ

2017年リリース。
電波少女の楽曲にフィーチャリングで参加。
電波少女の歌い方とぼくのりりっくのぼうよみの歌い方とで結構違いあって、聞き飽きない曲だと思います。
個人的にはぼくのりりっくのぼうよみのバースがおすすめになりますねー。

クビナワ feat. ぼくのりりっくのぼうよみ&ササノマリイ
電波少女
ヒップホップ/ラップ
¥250



No.11 For the Babel

2017年リリース。
アルバム「Fruits Decaying」収録曲。
特にサビがおすすめ。サビのメロディ性に惹かれる人は結構多いかなと思います。
その前のサビ前メロディもなかなか良いですね。
Aメロの前半は、そこまで良くないかなーと思って聴いていましたが、曲のテンポが転調するところから良い楽曲じゃん、と。

No.12 game of life feat. ぼくのりりっくのぼうよみ

ササノマリイの楽曲にぼくのりりっくのぼうよみがフィーチャリング。
この曲が現在唯一、ぼくのりりっくのぼうよみがフィーチャリングで参加している曲ですね。

game of life feat. ぼくのりりっくのぼうよみ
ササノマリイ
ロック
¥250



ぼくのりりっくのぼうよみの人気アルバムは?

これまで2枚のアルバムをリリースしているぼくのりりっくのぼうよみ。

1st ALBUM「hollow world」(2015年リリース)
2nd ALBUM「Noah’s Ark」(2017年リリース)
3rd ALBUM「Fruits Decaying」(2017年リリース)

うーん、3枚とも良い曲が収録されているので選びずらいところ、というのが本音です。
売上などからみると、人気なのは1st ALBUM「hollow world」ですね。
人気曲、「パッチワーク」や「sub/objective」が収録されているのもその要因の一つかなと思います。

ですが、おすすめ曲の1位にあげた「つきとさなぎ」が収録されている「Fruits Decaying」が個人的にはおすすめですかね。
なんといっても2017年に2枚のアルバムをリリースしているのがすごすぎる。。

以上、ぼくのりりっくのぼうよみのおすすめ曲を勝手にランキングで紹介しました!!

▼本サイトの人気記事ランキングもチェック!▼

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。