【人気急上昇】King Gnu(キングヌー)のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムも紹介

2017年に結成されてから、瞬く間に音楽業界で話題になったミクスチャーロックバンド・King Gnu.
インディーズで発売した初シングルがアニメ「BANANA FISH」のエンディングテーマに起用され、メジャーデビューアルバム「Sympa」がオリコン上位に躍り出るなど、目覚ましい活躍を見せていますね。
メジャーデビューしてすぐにドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌を書き下ろしたことも話題になりました。
メンバーは

常田大希 ギター・ボーカル・チェロ・プログラミング・作詞作曲担当
勢喜遊 ドラムス・サンプラー担当
新井和輝 ベース・シンセベース・コントラバス担当
井口理 ボーカル・キーボード担当

以上の4人組バンドです。
それぞれの経歴も素晴らしいメンバーが作り出す音楽は、多くの文化が織り交ぜられたような都会的で魅力的なサウンドとなっており2018年から人気急上昇。

それではKing Gnuのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます!

King Gnuのおすすめ曲10選!

No.1 白日

2019年2月リリース。
日本テレビ系ドラマ「イノセンス 免罪弁護士」主題歌。

美しく透明感のあるボーカルから始まるこの曲は、終止しっとりとバラードのように流れるのかと思ったら、リズミックに変化する曲調がポイント。
ドラマのために書き下ろされた曲なので、ドラマの内容にもリンクしているので、ドラマファンにもたまらない一曲になっています。


No.2 Prayer X

2018年9月リリース。
フジテレビアニメ「BANANA FISH」エンディングテーマ。

BANANA FISHのために書き下ろされた曲です。
切なく美しいメロディと歌声が鳥肌もの。
主人公のアッシュの生きざまを表現したような歌詞の内容が本当に素晴らしいです。
MVも独特で、King Gnuの世界観が盛り込まれていますので是非チェックしてみてほしいです。


No.3 Tokyo Rendez-Vous

2017年10月リリース。

低音の響くカッコいいイントロとラップがとっても印象的な曲です。
その中に高音のボーカルがかなり映えているし、ボーカル二人のハーモニーが絶妙です!
ギターリフもカッコいよくておすすめポイント。


No.4 Vinyl

2017年10月リリース。
人材派遣会社パーソルテンプスタッフ「HKEN ROCK!!」CMソング。

イントロのギターリフが中々頭から離れず、言葉と音のリズムがとってもクセになる曲で、中毒性の強い曲になっています。
妖艶さすら感じるボーカルと曲調にピッタリなMVも必見。


No.5 ロウラブ

2017年10月リリース。

どことなく憂いを感じるようなメロディラインと緩急の付け方がおすすめな一曲。
ギターもかなりカッコ良くて、この曲も艶っぽさが感じられます、


No.6 サマーレイン・ダイバー

2017年10月リリース。

おしゃれな楽曲、というのがこの曲の第一印象。
重なるボーカルの音がとてもキレイで、曲全体が不思議な聞き心地。
ゆらゆらと浮遊感を感じるような曲調が良いですね。


No.7 It’s a small world

2019年1月リリース。

イントロからKing Gnuの世界観を感じられる一曲。
気持ちよく聴いていたのに最後はスパッと終わってしまう終止の仕方がたまらないですね。
何回も聴きたくなるようなスルメ曲でもあるかなと思います。


No.8 McDonald Romance

2017年10月リリース。

メロウなのにトリッキーで何とも不思議な曲
気持ち良いドラムのリズムと浮き上がるようなボーカルとのバランスが絶妙ですね。


No.9 Slumberland

2019年1月リリース。

韻を踏んだ言葉とリズムがとても聴き心地が良く、モダンな雰囲気の曲にラップがカッコ良い。
イントロのストリングスと電子音がちょっと不気味さを出していてメッセージ性の強い歌詞にもピッタリの曲になっています。


No.10 The hole

2019年1月リリース。

ピアノのリフが印象的でクラシカルな雰囲気のある曲です。
ゆったりとしたテンポにドラムの強い音が浮き立つような作り方が素晴らしいですね。
罪を告白するようなPrayar Xと似た仄暗さを感じる曲で、切なく重い愛を歌った歌詞にも注目して聴いてみてほしいです。




King Gnuのおすすめアルバムは?

2017年10月25日 Tokyo Rendez-Vous
2019年1月16日 Sympa

今年メジャーデビューしたばかりのバンドなのでリリース毎数は少ないですが、どちらも素晴らしいアルバムです!
まずは1stアルバムのTokyo Rendez-Vousを聴いて見たほうがKing Gnuの魅力がわかるかなと思います。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。