Drop’sのおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや無料試聴も!

 4人組のガールズバンドDrop’s。ガールズバンドらしからぬブルースやロックンロールという”かっこいい”音楽性が魅力です。

 2009年の高校1年生の時に学校内の軽音楽部で出会い、2010年の高校2年生の時にはバンドコンテストで優勝、2011年の高校3年生の7月に1stミニアルバム『Drop’s』でインディーズデビューと早くから注目され、現在インディーズとメジャー併せてシングル5枚、アルバムはミニアルバムを含めて6枚リリースしている注目のアーティストです。

 メンバーは途中脱退や加入もあり、現在は、ボーカルギターでほぼすべての楽曲を作詞作曲している中野ミホ、ギターの荒谷朋美、ベースの小田満美子、ドラムスの石川ミナ子の4人組となっています。

 それではDrop’sのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます!

 

Drop’sのおすすめ曲10選!

 

No.1 未来

2014年4月22日リリース。
メジャー3rdシングル。
8分の6拍子のシャッフルで軽快なリズムを刻みながら、いまだに友人とも恋人とも言えない『ふたりの未来を想う』曲です。
Dorp’sの1番の特徴であるブルースっぽい演奏に甘酸っぱい歌詞を乗せ、ボーカルの中野ミホが最初は冷静に、最後にはしゃくりを入れて熱く歌い上げるラブソングです。
サビの歌詞が『もしもし』から始まる意外性と、ふたりの未来を想う女性の心に胸が締め付けられる様な感情が生まれるのではないでしょうか。


 

No.2 ドーナツ

2016年5月25日リリース。
メジャー4thアルバム「DONUT」収録。
スローテンポでボーカルの中野ミホの『からっぽ』な心を歌うバラードです。
もともとはバンドで演奏するという考えは無かったようですが、当時の中野の様々な葛藤が穴の空いたドーナツと重なって作られたそうです。
寂しい様な切ない様な歌詞に、ギターの荒谷の所謂”泣き”のギターで、独特の世界観が感じられる曲です。


 

No.3 コール・ミー

2014年5月14日リリース。
メジャー1stシングル。
どこか夕方〜夜をイメージさせるようなサウンドで、ポップなメロディーの中に様々な葛藤や寂しさを感じさせる曲です。
都会の中に埋もれそうな心を『コール・ミー』と呼び出し、なんとか前に進もうという気持ちをボーカルの中野ミホが力強く歌うので、前向きな感情を思い起こされます。


 

No.4 アイスクリーム・シアター

 2014年7月9日リリース。
メジャー2ndシングル「HELLO」収録。
ペースから始まるアップテンポなリズムに『アイスクリーム』をトッピングするというノリの良い曲です。
どうやらメンバー全員アイスクリームが好きな様で、よくイベント等にアイスクリームを冠した題名を使ったり、インターネットライブではアイスクリームを食べながらMCをするという演出をしています。
ライブでは、歌詞の『アイスクリーム』を全員で歌いとても盛り上がります。

アイスクリーム・シアター
Drop’s
ロック
¥250



 

No.5 さらば青春

2014年12月3日リリース。
メジャー2ndシングル。
中野ミホが高校3年生の時に作ったちょっと重みを感じるスローバラードです。
どこかRCサクセションの「スローバラード」を感じさせる様な”もがき”を思わせ、子供から大人の世界に行こうという気持ちを中野ミホがシャウトしながら歌います。
高校生が大人になろうとする難しい気持ちが、ミュージックビデオからも感じられると思います。


 

No.6 十二月

2016年5月25日リリース。
メジャー4thアルバム「DONUT」収録。
ミドルテンポのキャッチーなメロディーに、一年の終わりの十二月の焦燥感を感じさせる曲です。
『ねぇ どうして 変わってゆくの?』と変わってゆく街の景色や人の気持ちに問いかけ、それを考えても分からず淡々と十二月が過ぎてく想いが心に沁みるのではないでしょうか。

十二月
Drop’s
ロック
¥250



 

No.7 ダンス・ダンス・ブラックホール

 2011年7月20日リリース。
インディーズ1stミニアルバム「Drop’s」収録。
Drop’sの記念すべきインディーズデビューミニアルバムに収録されていて、初期の荒々しさを感じさせる曲です。
高校生の時に作られたとはとても思えない卓越したセンスに中野ミホの荒々しいシャウトは、初めてこの曲を聴いた人は鳥肌が立つこと間違いなしです。
 ライブではとても盛り上がる曲で、間奏では全員の見せ場があり、ファンの中でもとても人気があります。

ダンス・ダンス・ブラックホール
Drop’s
ロック
¥200



 

No.8 やさしさ

2013年9月4日リリース。
メジャー1stアルバム「DAWN SIGNALS」収録。
アコースティックギターとキーボードのアコーディオンだけで演奏されて、一発録りされたからかどこか頼りなさが感じられ、でも前向きさも感じられる不思議な曲です。
キーボードが脱退してしまったため今後この曲がライブでどう演奏されるのか分かりませんが、とても良い曲なので中野の弾き語りとして演奏して欲しいですね。

やさしさ
Drop’s
ロック
¥250



 

No.9 ためいき

2014年7月9日リリース。
メジャー2ndシングル「HELLO」収録。
スローテンポなブルースで、中野ミホ曰く「ひたすら甘い感じで昭和のキャバレーで歌っているイメージ」という曲で、妖艶な雰囲気を感じさせてくれます。
所謂Drop’s的な”かっこいい”ではなく、妖艶でどこか昭和にタイムスリップした様な感覚になれるギャップを感じさせてくれる曲です。

ためいき
Drop’s
ロック
¥250



 

No.10 太陽

2013年9月4日リリース。
メジャー1stアルバム「DAWN SIGNALS」収録。
ミドルテンポにポップなメロディーだが、どこか硬派な印象を感じさせる曲です。
風景や感情を媚びずにストレートに表現し、ポジティブな歌詞がわくわくさせる様な、明日への希望を思わせ勇気をもらえます。


 

Drop’sのおすすめアルバムは?

これまでにDrop’sがリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。

・2011年7月20日リリース  「Drop’s」
・2013年3月6日リリース 「LOOKING FOR」
・2013年9月4日リリース 「DAWN SIGNALS」
・2014年7月9日リリース 「HELLO」
・2015年7月22日リリース  「WINDOW」
・2016年5月25日リリース  「DONUT」
 ※この他にライブアルバムも発売されています。

オススメは、まずは「DONUT」から聴いて欲しいと思います。
Drop’sっぽいブルースロックなアルバムに仕上がっていますが、他のアルバムの中では比較的ポップな楽曲が多く、聴きやすくなっています。
個人的には、「DONUT」を聴いてから最初の方のアルバムを聴いてもらうとDrop’sの世界観を感じることができると思います。

以上、Drop’sのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしました!

▼本サイトの人気記事ランキングもチェック!▼

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。