三浦大知のおすすめ人気曲ランキング18選!アルバムや有名曲と代表曲も!

miuradaichi top

【2018/8/30 update!!】

2009年頃から年々その人気を増加させている三浦大知。
歌声だけではなく、ダンスの実力もさながらで、PVやライブでの演出などは彼自身で手がけていることが多いそうです。
有名アーティストとのフィーチャリングもこなしながら、個人の楽曲のレベルがあがってきているなぁと個人的には思います。
そんな三浦大知のおすすめ曲を勝手にランキング形式で紹介していきます!

三浦大知のおすすめTOP18!

Sponsored Links
No.18 FEVER

2015年9月リリース、アルバム「FEVER」収録曲。
もちろん、曲名からしてリード曲。
KREVAもこのアルバムを聴いて、その月によく聴いた楽曲としてあげていますね。
あまり聴かない感じのトラックだなーと思いました。
好みは分かれそうな曲です。



No.17 Look what you did

2016年11月リリース。シングル”(RE)PLAY”のカップリング曲。
個人的には表題曲よりもこの”Look what you did”のほうが好みです。
EDM調のトラックに、軽快なダンスを披露していますね。



No.16 U

2017年8月リリース。
勢いづいている三浦大知が夏にシングルでリリースした楽曲がこの「U」ですね。
いい曲なんですが、他にも良い曲がたくさんあるのでここにランクイン。
サビのトラックが特におすすめですね。


Sponsored Links
No.15 Possibility

2010年2月リリース。
曲の名義はBoAで、アルバムIDENTITYに収録されています。
三浦大知はフィーチャリングですね。ですが良い曲ですのでこの記事で紹介したいと思います。
曲調はバラードトラック、サビが良いですね。



No.14 I’m On Fire

2013年リリース。
ライブで盛り上がる楽曲。
0:24あたりの「ウォー♩」のところや、1:08〜の「オウ!」、1:53の叫びなど、盛り上がれるポイントが多数あって、三浦大知のライブに行く人は要チェックな楽曲ですね!



No.13 SING OUT LOUD

アルバム「FEVER」収録曲。
アルバムの一曲目を飾っていて、爽快なナンバーになっています。
おすすめは、曲開始の0:06~ですね。
ライブで観客と一体となって盛り上がれそうな曲!



Sponsored Links
No.12 EXCITE

2016年リリース、仮面ライダーエグゼイド主題歌。
先行リリースでは、TVサイズ用のものが公開されましたね。
現状まだフルではきけませんが、アップテンポで、特にAメロが疾走感ある感じで好きですね。



No.11 Cry & Fight

2016年3月リリース。
特徴的なのはAメロとBメロのトラックが全然違うところです。
ボーカルは同じメロディです。どちらも良いトラックですねー。
サビのメロディラインがあと一歩!っという感想を持ちました。
それにしても、これだけ高音で歌って踊れるってすごいなぁ。



No.10 NAMIDA

ラッパーの千晴の曲に、三浦大知がフィーチャリング。
これまでCD音源化されていない曲でしたが、千晴が2018年1月31日にリリースするアルバム「始まり」に収録されることが決定。
このアルバムにはもう一曲、三浦大知と作った新曲も収録されるということで、要チェックですね。
NAMIDAがライブで披露されたのは2011年ごろかなーと。
曲についてですが、トラックが良すぎる!イントロのところループして聴いていたいくらいです。
個人的には三浦大知はオートチューンとか使わずに地声で歌ってほしいなと思います。


No.9 I Remember

一人暮らしを連想させるPVですね。
トラックはギターとドラムが主な音として使われていてきれいな曲だと思います。
部分的なおすすめではなく、全体的に聴いてみて好きな人は好きになる曲かな?
言うならば、最初のギター音が最高!!



No.8 music

2015年リリース。
なんて気分が良くなる音楽なんだろうって思える楽曲。
朝起きた時に聞いたら最高じゃないですか。
実は、2016/8に開催された908fesでこの曲が披露されていたのですが、そのライブで完全にはまってしまいましたね笑
ライブでの盛り上がりポイントは、0:09〜みんなでクラップするところ。ちょうど0:16にクラップ方法が映ってるので覚えていきたいですね。
あとはサビ、1:03〜、「大切に♩」の後、「えーい!、えーい!」と聴こえると思いますが、ここをみんなでこぶし突きあげて盛り上がります。
リズムの取り方は1:11あたりのお兄さんたちを参考に。

ちなみに、908fesのライブレポも書いているので興味があれば読んでみてください。大阪で開催され、むちゃむちゃ楽しかったです!
KREVA 908 festival in Osaka 2016



No.7 全速力 feat. 三浦大知

KREVAの楽曲にフィーチャリング。
KREVAのBESTアルバム「KX」に収録。
サビの盛り上がりがハンパない。
そして圧巻は2バース目。「さあ、反応しろ〜」がやばいです。
KREVAのラップのスキルをまざまざと感じることができますね。
KREVAのおすすめ曲も紹介中です!!



No.6 Drama

曲はキャッチーで聴きやすいですね。
でもこれはぜひ動画を見ながら聴いてほしいです。
これだけダンスキレキレに踊って歌えるなんて反則だろ!
っていう人は少なくないはずです。



No.5 Dancing With My Finger

2017年リリース。
MIYAVIとの共作で、発売前にライブやフェスで披露されていたことからファンの間では話題になっていた曲です。
アグレッシブな曲で、ライブではむちゃむちゃ盛り上がる曲なので、知らない人にはチェックしてほしい曲です。
曲自体は、MIYAVIがいろいろなアーティストとコラボしているアルバムに収録。

発売前にライブで披露された時に、”Dancing With My Finger”について書いた記事があるのでこちらもよければ。


No.4 Magic

次の紹介したいのはMagic。なんですが、2種類紹介したいんですよね。
まずは原曲から。リリースは2008年8月、シングルInside Your Headのカップリングとして収録されています。

でもおすすめしたのはこちらではなく、リミックスバージョン。
KREVAが原曲を聴いて、KREVAから三浦大知へオファーを出したという楽曲。
軽快な曲調にオートチューンを効かせたKREVAの声が合っていて聴きやすい一曲になっています。
特にライブでの盛り上がりはものすごくて、僕も未だにこの場に居たかったなぁと思わさせてくれるくらいです。
前半が三浦大知のMagic、からの後半4:10〜が久保田利伸とKREVAのMagic、これを三浦大知がカバーしてます。
曲と曲のつなぎ方が最高ですね。会場に居た人たちは鳥肌ものだっただろーなーw


No.3 Your Love

2009年2月リリース。
Magicと同じく、KREVAが楽曲にフィーチャリングしていて二人の良さが前面に出ている楽曲です。
おすすめは、2:58〜。
三浦大知の楽曲紹介の記事ですが、KREVAのパートになっちゃうんですよねーw


ライブ映像も良いですね。これもKREVAの登場シーンはずるいですよねーw



No.2 ふれあうだけで 〜Always with you〜

2014年11月リリース。三浦大知の至極のバラード。
NIVEAのCMソングとしても注目を集めましたよね。
メロディラインがすごく綺麗で三浦大知の曲をまだ知らない方にはこの曲をまずきいてほしいですね。


Sponsored Links
No.1 飛行船

2018年リリース。
アルバム「球体」収録曲。
全体的に使われている音、曲の盛り上がり方、個人的にはどれを取っても最高です!
途中の笛音も良くて、ライブでダンスと一緒に鑑賞できれば鳥肌立つこと間違いなしの一曲。
Bメロの入り方、トラックもすごく良いです。

以上、個人的なおすすめランキングでした!
この他にも人気曲はまだまだあると思います。
参考までにみていただければ幸いですー。

▼本サイトの人気記事ランキングもチェック!▼

▼アルバム「球体」全曲レビューしています!▼


Sponsored Links

関連記事



他のアーティストもおすすめをまとめて紹介中!
アーティスト別検索





関連記事

  1. WEAVER(ウィーバー)のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや新曲と無料試聴も!

  2. 【おすすめはこれだ!】マカロニえんぴつの人気曲ランキング10選!

  3. 福山雅治のおすすめ人気曲ランキング15選!アルバムや無料試聴は?

  4. tofubeats(トーフビーツ)のおすすめ人気曲ランキング10選!

  5. エアロスミス(Aerosmith)のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや無料試聴は?

  6. 【おすすめ曲とアルバムをチェック】indigo la Endの人気曲ランキング10選!

  7. 安室奈美恵のおすすめ人気曲ランキング7選!アルバムはどれが良い?

  8. GACKT(ガクト)のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムもチェック!

  9. チャットモンチーのおすすめ人気曲ランキング10選!解散理由やアルバムも!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP