Wolf Alice(ウルフ・アリス)のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや代表曲と有名曲も!

オルタナティブ・ロックバンドであるウルフ・アリスはギターボーカルのEllie Rowsell、ギターのJoff Oddie 、ベースのTheo Ellis、ドラムのJoel Ameyの4ピースバンド。
北ロンドン出身の彼女達はグラミー賞ノミネートされるなど、かなり実力派なんです。
注目度が上昇するバンドであるWolf Aliceのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます!

Wolf Aliceのおすすめ曲10選!

No.1 Yuk Foo

2017年6月リリース。
こちらはスタジオアルバム「Visions of a Life」収録曲。
前奏からバシバシとドラムが決まっている激しいロックです。
ボーカルのエリーも始まりからぶっ飛ばしてますので、彼女の強さの部分が出ていてスタートからオススメポイントです。
ヒステリックなぶっ飛びロックという表現がこの楽曲に合っているかなと個人的に思います。(ジャンルはオルタナティブだと思う)
それだけ、エリーだけでなく全てのメンバ達の剥き出した魂みたいなものを感じる作品です。
最初から最後にかけてフルパワーですし、特に、終盤あたりはエリーの爆発的絶叫がかっこよすぎます。
もはや、テクニックがどうのこうではなく、ド・ストレートなこのバンドの強さを感じる作品です。


No.2 Sadboy

2018年3月リリース。
曲自体のリズムがしっかりしててノれる楽曲。
オススメポイントとしては一発目のドラムビートが効いてる所ですね。
曲構成がAメロ、Bメロ、ザビの区別が分かりにくい曲です。
途中、曲が静まりぶつぶつとセリフをいうポイントの辺りはちょっと斬新かなという感じですね。


No.3 Space & Time

2017年月リリース。
颯爽と駆け抜けるような勢いがある前奏。
エレキも生きてる様に響いていて、歌声にも勢いがあるのでスケール感が出ていておすすめしたい楽曲になります。


No.4 Fluffy

2013年2月リリース。
バシバシとドラムビートが決まってますね。気合いが入り、エキサイトできます。
前奏のエレキサウンドが半端なくカッコいいですし、リズムがポッ!と止まったり、また始まったりというような作り方に惹き込まれる人も多いかなと。


No.5 Silk

2015年月リリース。
何か不思議な感じの前奏でどう伝えていいのか分からない楽曲ですねー。
歌い出しにしてもメロディにしても、つかみ所がない分、逆に印象が強いので面白い楽曲だなぁと思い、ピックアップしました。
途中からはアップテンポになり自然にノれてきます。
前半と後半にギャップがあり、非常に不思議な作品だなという印象です。

No.6 Bros

2013年5月リリース。
この曲はデモ版としては2013年に発売し、2015年4月に最終版として発売する形なっています。
ギターのキュッキュッっとスライドする音がたまりません。非常に味があり良い前奏です。
また、ボーカルのエリーのまどろみつつも勢いがある歌声は独創的ですが、しっかりバックサウンドとの調和がとれ、最高の仕上がりになっています。
少し曲が落ち着くところはエリーの綺麗な歌声をじっくり聴けるポイントです。


No.7 Moaning Lisa Smile

2014年4月リリース。
重層感があるエレキサウンドが目立つバリバリゴリゴリのロック、という感じのスタート。
一気にテンションMAX。
ですが、歌い出しから曲がおさまり、そこからはジワジワと進行していきます。
そこからまた前奏のような激しい曲調に発展していきます。


No.8 Blush

2015年月リリース。
エリーの少しハスキーで透明感のある歌声からのスタートで、グッ!と心を鷲掴みにされてしまいます。
静かな感じで進行していきますが、少しずつ盛り上がりを見せていく過程はオススメポイントです。
この曲はエリーの優しくリラックスできるような声が全面に出ているので、そこが一番のポイントかな、と思っていますね。


No.9 You’re a Germ

2015年6月リリース。
こちらはスタジオアルバム「My Love Is Cool」の収録曲。
この曲も静けさの中でエリーが囁くように歌い始めています。
歌声を聴くだけで彼女のカリスマ性を感じることができます。
途中ヒートアップして盛り上がる箇所がありますが、そこが普通にカッコいいのでオススメしたいですね。


No.10 Lisbon

2016年6月リリース。
やはり、エリーの声ですね。
少しミステリアステイストが入りつつ優しい。
特にこの曲はそれが目立っているように思います。
全体的に調子が良い曲なので、聴きやすいですね。
クライマックスは語りかけるように、また疾走感を出しながら歌い、リズムをしっかり刻んでいるため、あらゆるサウンドが結集しているようで力強さを感じ、素晴らしい仕上がりになっていると思います。


Wolf Aliceのおすすめアルバムは?

これまでにWolf Aliceがリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。

~スタジオアルバム~

My Love Is Cool(2015年6月リリース)
Visions of a Life (2017年9月リリース)
~EP~
ウルフアリス(2010年リリース)
Blush(2013年10月リリース)
Creature Songs(2014年5月リリース)

オススメはVisions of a Lifeですね。
「Yuk Foo」が入っていますし、おすすめ曲で紹介した楽曲の多くがこのアルバムから選出されています。

以上、Wolf Aliceのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしました!

▼本サイトの人気記事ランキングもチェック!▼

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。