tokyomaps(KREVA)に行ってきた!混雑はどう?途中入場はできる?

行ってきましたTokyomaps2017!!
今回参戦したのは5/7の19:00〜のトリをつとめる
Dr.K
こと
KREVA!!

いやはやこのライブの最大のポイントは
無料!!タダ!!
財布がなくても見られるライブ、それが
Tokyomaps
なんですねー。

正直に言って、このレベルのライブが無料で見れるなんて滅多にないことですよ。

今回は、KREVAのライブレポート(曲紹介なんかをしつつ)、混雑や途中入場についてをみなさんにお届けしたいと思います!!

Tokyomaps KREVAのライブレポート!!

今回、KREVAは全国ツアー「TOTAL 908」の真っ最中で、その合間を縫ってのイベント参戦です。
なぜにKREVAがこのイベントに出演しているかというと、今いるファンのみならず、もっと自分の曲を良いと思って聴いてくれる人を増やしたいということなんです。(KREVAがライブで言っていましたね。)
要するに、
もっとファンを増やしたい!売れたい!
と。これもKREVAがブログで言ってましたw

そんな中、今回のセットリストはこんな感じでした。

セットリスト

M1. 瞬間speechless
M2. 基準
M3. ストロングスタイル
M4. 神の領域
M5. 王者の休日
M6. イッサイガッサイ
M7. 音色
M8. 居場所
M9. NaNaNa

ちょっとファンの知識も加えつつ開設してみようかなとw
最初一曲目は瞬間speechless。
この曲の開始前に、違う曲がバックDJの熊井吾郎がプレイして、瞬間speechlessにつながったのですが、実はその曲が瞬間speechlessのサンプリング元の曲なんです。
詳しくはこちらのページで紹介していますのでよければチェックしてみてください笑


そこからKREVAのラップの凄み、そして旨み(笑)を堪能できる時間!!
基準、ストロングスタイル、神の領域と圧巻のラップスキルを披露。

ここでトークの時間、KREVAの中でも有名な楽曲を披露します的なことを言った後に
王者の休日、イッサイガッサイ、音色を披露。
王者の休日ってそんなに有名なのかな?と思ったのは私だけ?w
イッサイガッサイ、音色に比べると知名度は落ちるイメージがありますね。
全然良い曲なんですよ!
王者の休日のトラックはBACKLOGICという方が作っています。間奏の「おっおー♪」のところで兵隊的な振りをするのがこの曲のライブでのポイント。
イッサイガッサイ、音色はやはり有名なんでしょうね、会場も結構盛り上がって一緒に歌っている人や合いの手を入れている人が多かったように思いました。

そして再びトーク。
居場所についてアツく語った後に、居場所を披露。
なんだか日本語がおかしい感じがしますが(笑)、曲の説明をして歌い上げたということですw
やっぱKREVAのオートチューンを効かせた声は良いですねー。

最後はやはりこの曲、NaNaNa!!
おなじみの曲前の練習をみんなでやって大合唱!!
NaNaNaはライブで曲の良さが100倍くらいに感じられる曲です!

45分くらいでライブ終了、あっという間でしたが無料でこのクオリティ、最高です!!
ただ、ステージを見るにあたって後ろの方まで段差などはないため、後ろの方だと身長の低い女性とかは少し見にくいかもしれません。
ちょっと疲れますがヒールなど、高さが出る履物に慣れている方はそういったものを履いて言ったほうが良いですね。

Tokyomapsの混雑具合はどんな感じ?

ステージ前はもちろんびっしりでした。
でも、後ろの方は結構スカスカでぎゅうぎゅうになってライブ鑑賞する必要もなく、かなり快適に見れましたよ!!
前の方もそこまで押されているような印象もなかったので、みなさん平和に観覧できたんじゃないでしょうかね?
帰りも比較的スムーズ。会場が公道からすぐ近くのところで行われるので会場を出る時につまったりすることもありませんでした。

途中入場って大丈夫?

途中入場全然OKです!!
ただし、もちろん一番前とかで見ることはできませんね。
KREVAファンの子で、今日1番前で見るために朝6:30入りしたなんていう話がKREVAのトークの中でありました。
でも後ろの方でも結構近くで見れる感覚なので、お目当てのアーティストがいて時間がある方は、時間ギリギリにいっても全然問題ないですよ!!

以上、tokyomapsのKREVAのライブレポートと混雑情報や途中入場についてお届けしました!

関連記事


  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。