タグ : KREVA

【おすすめはこれだ!】KREVAファンが選ぶおすすめ25選!

kreva_ohyear
日本を代表するラッパー,KREVA。
KICK THE CAN CREWでLITTLE,MCUとともにデビュー。
グループでの活動を経て、ソロ活動を開始するなや否や、「音色」でブレイク。
作り出すトラックも良いし、なによりラップのスキルが半端ないです。
B-boy parkで前人未到の3連覇を達成し、そのスキルは確固たるものに。
ファンからはDr.Kと呼ばれ、ライブでもその名を呼ぶことが多々ありますね。

僕としてはアルバム「心臓」で一気にファンになりました。
1976年生まれで40代に突入し、これからどんな音楽・ラップを届けてくれるのか本当に楽しみです。
KREVAファンが送る、KREVAのおすすめ曲を勝手にランキング形式でご紹介!


新曲 神の領域の試聴、歌詞はこちら!!
神の領域
試聴・歌詞!!

新曲 居場所の試聴、歌詞はこちら!!
居場所
試聴・歌詞!!



KREVAのおすすめTOP22

【2017/2/2 Update!!】

No.25 音色

KREVAのソロ活動スタート後の最初のヒット曲。
ライブではもちろん毎回披露される曲で、アレンジも様々なものを見てきました。
原曲も良いですが、ライブバージョンがCD化されていたりもするので、こちらもおすすめですね。
音色はKREVAのことをそんなに知らない人でも知っている人が多い曲だと感じます。
個人的には聴きすぎてしまったせいか、他の曲が良く聴こえてしまい(もちろん音色も良曲です!)、このランクです。。




音色
KREVA
ヒップホップ/ラップ


No.24 パーティーはIZUKO?

アルバム「GO」収録曲。
盛り上がりポイントは、サビの「パーティーはIZUKO?」の後に「ここだ!」と言うところ。
ライブでも割と披露される楽曲なので、知らない人は知っておいたほうが良い楽曲ですね。

パーティーはIZUKO?
KREVA
ヒップホップ/ラップ





No.23 ma cherie

アルバム「SPACE」に収録。
変則テンポなのが特徴。
「悩み プレッシャー全然
取れなかったのに
降りた肩の荷」
のリリックにやられましたね。



ma cherie
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250




No.22 言ってなカッタカナ?

アルバム「SPACE」収録曲。
トラックが良いですね。AKLOもこのアルバムの中では一推しの楽曲だと言っていました。
相変わらずオートチューンが使われている声がきれいだなー。

言ってなカッタカナ?
KREVA
ヒップホップ/ラップ





No.21 あえてそこ (攻め込む)

アルバム「嘘と煩悩」収録曲。
おすすめは、このリリック、
「天知る地知る
一体 何知る?
様々 経験積んで 危険知る
そしてなってく ディフェンシブ
これは多くの人は投げかけられると、「あ、そうかも」と思うのではないでしょうか。
これを韻踏んで伝えてくるんですからやっぱハンパないですクレさん。

あえてそこ (攻め込む)
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250




No.20 THE SHOW

ライブではサビで盛り上がる一曲。
「one for the money
two for the show
three for the people
みな調子どう?」
の箇所ですね。会場のみんなが1,2,3を手でつくって一体感が生まれます。


THE SHOW
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.19 good boy, bad boy feat. SEEDA, KREVA

トラック最高。
SEEDAがラップ、KREVAがサビをオートチューンで歌い上げている一曲。
KREVAを少しだけ知っている人だと、この曲を知らない人のほうが多いんじゃないでしょうかね?
聴いてみてほしい一曲です。
ただ、KREVAがちゃんとラップしているわけではないので、そこがちょっとKREVAのおすすめとしては減点対象ですね、


good boy, bad boy feat. SEEDA, KREVA
熊井吾郎
ヒップホップ/ラップ





No.18 Space Dancer

アルバム「SPACE」に収録。
トラック作ったのは、熊井吾郎。
サンプリング元はDaft Pankかなー?
トラックが秀逸。

Space Dancer
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250




No.17 微炭酸シンドローム feat. 阿部真央

2011年9月リリース。
リリース日は9月8日ということでクレバの日、ですね。
このころはまだ現在行われているkrevaフェスは開催されておらず、9月8日には何かしらやろうぜ、くらいのコンセプトだったみたいですね。
今ではすっかりクレフェスがおなじみになりました。
フィーチャリングは阿部真央でアルバムGOの収録曲ですが、その中では圧倒的にメロウソング。
レコーディングはKREVAのスタジオで行ったみたいですが、阿部真央はマラソンに出るような服装できたみたいです笑
そんな雰囲気の中生まれたこの曲、しんみりした感じ、メロウな感じが好きな方にはおすすめです。
阿部真央のおすすめ曲はこちらからチェック。↓↓↓




微炭酸シンドローム feat.阿部真央
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.16 たられば feat. SONOMI

フィーチャリングはSONOMI。
ミニアルバム「OASYS」収録曲。
リリックだけみたらおすすめNo.1かもしれません。
背中を押してくれる曲です。
SONOMIのおすすめ曲も紹介中。




たられば feat. SONOMI
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.15 全速力 feat. 三浦大知

BESTアルバム「KX」に収録。
サビの盛り上がりがハンパない。
そして圧巻は2バース目。「さあ、反応しろ〜」がやばいです。
ラップのスキルをまざまざと感じることができますね。
三浦大知のおすすめも紹介中!!




全速力 (feat. 三浦大知)
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250




No.14 No More Mr. NiceGuy

シングルNa Na Naのカップリングとして収録されている曲。
トラックは熊井吾郎(MPCたたくのがやたらうまい!!)。
王者の休日のカップリングにも坂本美雨が参加したRemixが収録されていますが、断然原曲のトラックの方がおすすめ。

1バース目 KEN THE 390
2バース目 AKLO
3バース目 KREVA
サビはKREVAがヴォコーダーで歌い上げています。
ほんとにヴォコーダーの使い方うまいなあ。

おすすめのポイントは、
前奏でピアノが入ってくるところから、KREVAのサビ。
最初にここを聞いて好きになれなかったらこの曲は聞かなくていいかも、、というほど前奏部分を推します。
後は3バース目のKREVAのラップ。
メロウな感じで歌い上げるのかと思いきや途中から強めのラップ。
あなどれないカップリング…!!

No More Mr. NiceGuy feat. KEN THE 390, AKLO
KREVA
ヒップホップ/ラップ





No.13 I REP

KREVA,DABO,アナーキーが繰り出すラップが聴きやすいビートにのって飛んできます。



なかなか3人が揃って披露されることは少ない曲です。
僕は毎年、KREVA festivalに参戦していますが、その時に初めて3人で披露されて鳥肌がたちました。
必見ですね。会場の盛り上がりをみればライブに行ってみたくなること間違いなし!??


I Rep
DABO, ANARCHY & KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.12 TOKYO HARBOR

曲の名義は「赤い公園」。KREVAはフィーチャリングでの参加。
TOKYO HARBORを連想させるようなトラックと、赤い公園のボーカル、KREVAのラップがうまく噛み合っている楽曲。
もっとKREVAのラップが欲しい、というのが本音ですが笑





TOKYO HARBOR (feat. KREVA)
赤い公園
ロック





No.11 シンクロ feat.古内東子

アルバム「心臓」収録。
フィーチャリングは古内東子。
曲開始からのシンセサイザーの音にやられてしまいましたね。
そして、サビの古内東子の歌が良い・・!
KREVAも良いけれど、声にエフェクトかけないほうが個人的には良かったのになぁ、と思います。



シンクロ feat. 古内東子
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.10 生まれてきてありがとう feat.さかいゆう

アルバム「心臓」より。
シングル「青」にも収録されてます。
フィーチャリングはさかいゆう。
最初さかいゆうの歌から始まって、0:42あたりからがもう最高。
2番の歌詞もこれまた最高。
数えるのがばからしく
なる確率の中から重なりあった運命
生まれてきてありがとう
互いに足りないもの補い合おう

じんときちゃいますね。



生まれてきてありがとう (feat. さかいゆう)
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.9 ACE

アルバム「心臓」収録。
ライブでの盛り上がりは相当なもので、ライブに行かれる方は押さえておいて欲しい一曲です。
サビと2バース目の間では「HAPPY」がサンプリングされて使われてますね。
そしてなぜかitunesに存在しない楽曲。アルバム「心臓」はあるんですけどね、ACEが抜けちゃってます。きっとコンプライアンス的な問題で配信できないのでしょう。




No.8 イッサイガッサイ

KREVAの楽曲では有名な曲ですね。
ライブでは定番ソングで、曲の最初の「Dr.K!」を会場のみんなで手をKの形にして叫ぶのは楽しみの一つ。
カラオケでもこの曲を知っている人は多く、歌ったら盛り上がります。
特に、2番のSundayから始まる一週間ラップは盛り上がりますね。



イッサイガッサイ
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.7 Too Many Girls

曲の名義はtofubeats。KREVAはフィーチャリングで参加しています。
トラックはtofubeatsですが、これが秀逸。
星野源も2015年おすすめソングとしてあげている曲。
最初のバースがKREVAで、2番がtofubeats。
最初、試聴では2バース目しか聞けなかったので、おいおい、という感じだったのを覚えてます。
やぱりラップはKREVAに期待してしまいますよね。
tofubeatsのおすすめ曲も紹介中!




Too Many Girls feat. KREVA
tofubeats
J-Pop
¥250




No.6 I Wanna Know You

アルバム「心臓」収録。
オートチューンを見事に使いこなしている曲。
トラックを主に構成する電子音も聴きごごちが良くてついループしちゃうような感じです。
RHYMESTERもおすすめの一曲にあげているI Wanna Know You。
知らない方は聞いてみる価値ありまくり!!



I Wanna Know You
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.5 Sanzan feat. 増田有華

アルバム「嘘と煩悩」収録曲。
サビメロも最高だし、1バース、2バースともにKREVAのラップ最高。言うことなしにおすすめできる楽曲です。
何が良いってもう最初から最後まで良いのですが、特にはKREVAの2バース、そしてそのあとのサビがグッとくる。
また違う楽曲でもKREVAと増田有華のクレジットでやってほしいな。

Sanzan feat. 増田有華
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250




No.4 神の領域

アルバム「嘘と煩悩」収録曲。
KREVAのRAPをガッツリ聞きたい人に一番おすすめしたい楽曲。
もうここらへんのランクになってくるとどれも同率1位みたいな感じなので全部聴いてみてほしいですw
これまでKREVAは「基準」という楽曲で自分のRAPのスキル・凄さをアピールしていましたが、今回の神の領域はそれを遥かに凌駕した曲だと思います。これカラオケで歌えたら周りに驚かれること間違いなしですね!

神の領域
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250




No.3 瞬間speechless

KREVAをきくきっかけになった一曲。いつきいても良いです。PVも秀逸。
まだKREVAを全然聞いていなかった頃、友達からアルバム「心臓」を貸してもらってハマり始めたのを今でも覚えています。
アルバム「心臓」に収録。
サンプリング源の曲は、Rupert Holmes – Speechlessです。



瞬間speechless
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200




No.2 スロウビート feat.古内東子

古内東子との共作です。KREVAのラップが半端ない。特に2バース目に注目・・!!
こんなメロウな楽曲ありますか?ってききたくなります。
歌詞をかっこいいし、とにかくおすすめですね。
ただ、ライブで披露されたことないんだよなー。こんなに良い曲なのに。
いつか披露されたら感動もんです。
シングルリリースの曲ですが、同じく収録されているA to XYZもおすすめ。


スロウビート
古内東子 × KREVA
J-Pop
¥250




No.1 Tonight

初めて心臓をきいたときに、一番衝撃だった曲。
なんだ、全然ラップじゃない曲じゃん、と思われるかもしれませんが、ディープなトラックとヴォコーダーで歌い上げられたこのTonightは必聴。
好みは分かれるかもしれませんが、トラック自体を嫌う人はあまりいないと信じたいですね笑
曲の開始の音をきいただけで鳥肌もんです。
ライブでもたまに披露されますが、弾き語りなのがずるい。
夜のゆったりとしたドライブなんかにいかが?


Tonight
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥200



以上、KREVAのおすすめ曲を勝手にランキング形式で紹介しました!
曲自体もそうですが、リリック(歌詞)がすごく良いのでぜひ注目してほしいですね。


関連記事


アーティスト別検索はこちら!
アーティスト別検索


KREVAの「嘘と煩悩」を勝手にレビュー!評判ってどうなの?おすすめ曲を紹介!




2017/2/1に発売されるKREVAの4年ぶりとなるフルアルバム「嘘と煩悩」の全曲レビューをしていきたいと思います!
個人的にはKREVAファンでこのアルバムは本当に楽しみでした。
すでに908FESではこのアルバムのリード曲である「居場所」、そして908FESのオープニングでは圧倒的なラップ「神の領域」が披露されていて、アルバムに寄せる期待は大きくなりましたね。
フィーチャリングには、「最高は一つじゃない」というKREVAが音楽劇を監修しているものがあるのですが、それにも出演しているAKLO,増田有華が参加。そこにも注目しつつ、おすすめ度付で全曲レビューします!!

収録曲はこちら。

01. 嘘と煩悩
02. 神の領域
03. 居場所
04. 想い出の向こう側 feat. AKLO
05. FRESH MODE
06. Sanzan feat. 増田有華
07. ってかもう
08. あえてそこ (攻め込む)
09. タビカサナル
10. もう逢いたくて
<Bonus Track>
11. 君に夢中

それでは一曲ずつみていきましょう。

「嘘と煩悩」を勝手にレビュー!

嘘と煩悩

おすすめ度



KREVAのホームページにて先行でフルPVが公開されて一足先に聴くことができた曲。
スピリチュアルな感じのトラックにオートチューンを効かせた声をのせた一曲。
アルバムのタイトルと同じタイトルの曲で、聞く前に注目していましたが、個人的にはあまりヒットせず。。普通評価です。

嘘と煩悩
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



神の領域

おすすめ度


ごりごりラップ系。KREVAのラップの凄さがわかる曲教えて!って聞かれたらこの「神の領域」をチョイスしますね。
908FESで初めて聴いた時は衝撃でした。KREVAのラップは「基準」という曲でその凄さを表現していたところがあるのですが、断然「神の領域」の方がおすすめです!!こいつはキテる!!

神の領域
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



神の領域
試聴・歌詞!!

居場所

おすすめ度


アルバムのリード曲。
背中を押してくれるような歌詞。
トラックもシンプルだと思うんですけど何回も聴いてしまいたくなるような曲ですね。
PVではドローンを用いて撮影されていて、画面はピンク色にみえたり、色々な工夫が凝らされています。
KREVAの衣装は色づいているように見えますが、実はこれ全部黒なんですよね。
PVはこちらからみれるので要チェック!

居場所のPVはこちら!!

居場所
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



居場所
試聴・歌詞!!

想い出の向こう側 feat. AKLO

おすすめ度


最初聴いたトラックからは想定できないラップ部分のトラック。
AKLOも良いラップしていて聴きやすいですね。
まさかKREVAのバースが、以前LINE TVで披露した未公開のラップがここで使われるとは・・
聴いた瞬間分かる人には「これか!!」ってなると思いますw
ファンなら一発でわかるでしょう。

想い出の向こう側 feat. AKLO
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



FRESH MODE

おすすめ度


不思議な感じのトラックに加工された声がのっていますね。
中盤0:50〜のトラックとメロディが好き、おすすめです。

FRESH MODE
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



Sanzan feat. 増田有華

おすすめ度



この曲は増田有華さんがフィーチャリングするのを見ただけで期待大でした!
自分はKREVAが監修している「最高は一つじゃない」を見に行ったことがあって、その時にKREVAの楽曲である「シンクロ」などを歌いあげていたのですが、むちゃくちゃうまくて、今回とうとうきたー!って感じでしたね。
で、やっぱ最高の楽曲でした。このクレジットはずるいよ・・と個人的には思ってしまいます。
サビメロも最高だし、1バース、2バースともにKREVAのラップ最高。言うことなし、☆5つ!
ヘビロテ確定です。。

Sanzan feat. 増田有華
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



ってかもう

おすすめ度


アルバムに収録されている楽曲の中で唯一熊井吾郎がトラック提供している楽曲。
アルバム「SPACE」がリリースされた時なんかは”SAPCE DANCER”が熊井吾郎の作ったトラックでしたね。
結構良い感じのトラックが多いので毎回期待しちゃいます。
今回も期待を裏切らないものになっている・・はず!!

ってかもう
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



あえてそこ (攻め込む)

おすすめ度



前奏からキテます!!
サビはタイトルを気持ちよくリピート。
個人的に一番グッときたのは1バース、2バース共通のリリックの箇所。
「天知る地知る
一体 何知る?
様々 経験積んで 危険知る
そしてなってく ディフェンシブ
これは多くの人は投げかけられると、「あ、そうかも」と思うのではないでしょうか。
これを韻踏んで伝えてくるんですからやっぱハンパないですクレさん。

あえてそこ (攻め込む)
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



タビカサナル

おすすめ度



うーん、個人的にはあまりトラックが好きではない・・
ですが!ラップはさすが!
・・ってことで☆3つです。

タビカサナル
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



もう逢いたくて

おすすめ度



いい音使ってるなー。
今回のツアー「TOTAL908」の最後を飾る曲になりそうな感じがありますよね。
トラックは最初聴いた時に「好き!」っていう人が多そうだなと感じます。

もう逢いたくて
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



君に夢中

おすすめ度



ボーナストラックとしてアルバムに収録されている楽曲。
サビのメロディがあまり好きではないかな。。
オートチューンを使っていると思いますが、これなら「君に、胸キュン。」の方が全然好きです。笑

君に夢中
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250




ということで、
ゴリゴリのラップを聞きたいアナタには!
神の領域

きれいな女性ボーカルとKREVAのRAPを堪能したい方には
Sanzan feat. 増田有華

がおすすめですね!!

関連記事

【背中を押してくれる歌詞!!】KREVAの新曲 居場所の試聴と歌詞を耳コピ!

kreva-ibasyo

2016年9月に行われた908fesの最後の曲として披露された曲。
2017年2月1日にリリースされるアルバム「嘘と煩悩」の収録曲です。

ライブではバックスクリーンに歌詞を表示させながら、KREVAがオートチューンで歌い上げる・・歌詞を聞き入ってしまう曲でした。
自分は908fes OSAKAに行っていてその時にレポは以下の記事にまとめていますので興味がある方はぜひ。
KREVA 908 festival in Osaka 2016
ライブレポ

ちなみに、ライブで同じく新曲として披露された「神の領域」も曲の紹介、歌詞の耳コピをしていますのでぜひ。
神の領域
試聴・歌詞!!

前置きはこのくらいにして、「居場所」の紹介。
スカパーで908fesが放送されたものをアップしてくれた方のものです。
自分は見られなかったのでありがたかったです笑


歌詞の耳コピはこちら!
といいながら、スクリーンに大部分が写っているんですけどねw

居場所
KREVA
ヒップホップ/ラップ
¥250



【耳コピ】

思い描け そこに目がけ
つもりだけじゃなくて 動き出せ
無駄なことはない それはウソだね
ただぼーっと眺めてるだけの時間を減らせ
行けるなら行け きれいな姿勢で
間違ったフォーム あとで変えるのは一苦労
一つ一つ 書き換える記憶を
気になったフレーズ リフレインして変えていくイメージ

その手動かせ 黙ることはできないんだろう
壁を動かせ 守るだけじゃ増えない居場所

心の中 を心のまま
そのまま書き出せ そして歩き出せ
今日向こうに 明日はこっち
気に入ったらステイ 居ろよ飽きるまで
数年前の自分と比べ 広がった範囲に
増えたキャパシティ だけど喜びだけ増えず
増えた悲しみ 思い通りそれより
上手く行かない事の方が多い
覚悟決めてやるのみ

その手動かせ 黙ることはできないんだろう
壁を動かせ 守るだけじゃ増えない居場所

もっと遠くまで 声が届くまで
伸ばす飛距離 広げる興味
でも忘れちゃだめ すぐそばの一人
でも忘れちゃだめ 命は一つだけ
上が待ってる だけど高いだけ
それじゃダメさ 深みが必要
それはどこから生まれる
弱さを認め そこに飛び込め
甘え押しのけ 乗り越え
その手で世界を広げる

その手動かせ 黙ることはできないんだろう
壁を動かせ 守るだけじゃ増えない居場所

その手動かせ 黙ることはできないんだろう
壁を動かせ 守るだけじゃ増えない居場所

良い歌詞ですわ・・・
オートチューンのにKREVAの声が本当ぴったりです。
聞いていて心地よいです。
神の領域、居場所、どちらとも良い曲なので今回のオリジナルアルバム「嘘と煩悩」が待ち遠しいですね!!

関連記事


【KREVA KICK THE CAN CREW】elements night ~sunday night セットリストと感想!

lements night ~sunday night

2016/6/26に日比谷野外大音楽堂で行われたライブ”elements night ~sunday night”の感想、というかセットリスト、全貌です。

ライブはこちらからみることができます。
LINE LIVEすごいですねー。ただいつ見れなくなるかわからないので早めに見て楽しんだ方が良いですね。
しかしながら2時間半くらいありますので、
・なかなか全部は見れない・・
・気になるところだけ見たい・・
そんなあなたに朗報です。
ページ下部には時間付きでセットリストを書き出しましたので、参考に気になるところだけをみることができます!!ぜひ使ってやってください。

ライブ実況!!

4:35〜あたりからメンバー登場。腕ぐみポーズから何が披露されるかと思っていたら、KICK THE CAN KREWの3人で”タカオニ2016春”!最初からバリバリのラップでアガる!!そこからアルバム”monday night studio session”に収録されている”虹”へ。elements nightを作った全員での唯一の楽曲ですね。そして個人ゾーンへ。一番手は千晴、ジェリーでスタート。ステージ上にはMCU、ジュンペイ、SONOMIも残り、一緒に披露しています。そのあとは千晴がステージ上に一人になり、”UP&DOWN”へ。お次はミッチーをステージ上へ呼び、”one more time”を歌い上げる。オートチューンが使われた一曲目ですね。ここでトークに入り、トークからのジュンペイ呼び出して”MY BABY”へ。ここでジュミッチが揃い、千晴ゾーンは終了。
ジュミッチは、”納豆 ON THE RICE”を披露。個人的にはあまりここ興味がわかないのでスルーでw
37:10〜はSONOMIが登場。夏ということで”SUMMER”からスタートし、”どうしても”を披露し、トークへ。そのまま流れで”Round Midnight”へ。この曲の雰囲気好きですねー。53:08〜はSONOMIがMCUをステージに呼び”scent of you”を披露。この曲でSONOMI退場。
57:30〜はMCUがマイクを握り、”nukumori”、”いいわけ”と、切ないソングを立て続けに披露。”いいわけ”はバンドメンバーのピアノが良くてジャズ調に仕上げられています。
そしてLITTLE登場。一発目からトークなしで登場するやいなやラップを披露。そっから多少のトークを挟み、”夢のせい”で雰囲気ががらっと変わる。
1:16:30からはMCUをステージに呼び、 ULとしてステージ上へ。まずは”2丁拳銃”でがっつりラップをかます。それから二人でトークをして、”夏歌詩”へ。ULの曲の中では一番推しの楽曲ですね。そしてそのあとに、”LA LA Like a Love Song”!!これは盛り上がる!2番目に好きな曲ですねー。ここらへんからライブがいい感じになってきたなと。
お次は小西真奈美の登場!今話題となっている”トランキライザー”のカバーを披露。サビからが良すぎる・・!!で、曲の終盤の方でカメラマンに扮してKREVA登場笑。
こっからKREVA!!小西真奈美とコラボして”生まれてきてありがとう”をオートチューンを使用して披露。個人的には1:41:30くらいのKREVAの”生まれてきてありがとう”の言い方が好き。終了後はSONOMI、増田有華をバックコーラスに迎え、”王者の休日”へ。やぱKREVAはトークが面白いですね。頭の良さが滲み出てますwこの曲で小西真奈美が退散。増田有華の紹介をかねて、まさかの”SWEET SWEET メモリーズ”!!完全に想定外!!そして増田有華の歌が良い!!しびれました。
KREVAからバトンを渡されたのは増田有華。自己紹介もかねてKREVAの”ひかり”をカバー。しっとり歌い上げています。
ライブも終盤。KICK THE CAN CREWの登場!!”マルシェ”で観客飛び跳ねまくりからの、例の流れwからの”イツナロウバ”。曲終了後にはPerfumeの自己紹介をパクリ、改めて自己紹介。トークからの”アンバランス”、この3曲やられたらファンは嬉しくてたまらないですよね。そしてライブ本編は終了。
アンコールでは、KICK THE CAN CREWが再登場し、”タカオニ2000″を披露。そしてライブを披露したメンバーをKREVAが紹介するが、、、なんと忘れ去られた千晴ww ここは笑えましたw 最後は最初に披露した”虹”をみんなで披露してライブ終了。

セットリスト

    タカオニ2016春
6:04 虹
9:30 ジェリー
13:28 UP&DOWN
17:25 one more time
20:10 ミッチーと千晴トーク
22:00 MY BABY
25:26 千晴退場 ジュミッチトーク
27:41 納豆 ON THE RICE
33:10 みそしるママライスパパ
【SOMONI】
37:10 SUMMER
41:15 どうしても
45:40 SONOMI トーク
48:00 Round Midnight
【MCU】
53:08 scent of you
58:21 nukumori
1:02:03 いいわけ
【LITTLE】
1:07:30 やっぱりRAPが好き
1:11:05 夢のせい
1:16:30 2丁拳銃
【UL】
1:20:09 夏歌詩
1:26:12 LA LA Like a Love Song
【小西真奈美】
1:30:15 トランキライザー
【KREVA】
1:36:50 生まれてきてありがとう
1:43:37 王者の休日
1:48:48 SWEET SWEET メモリーズ
【増田有華】
1:55:33 ひかり
【KICK THE CAN CREW】
2:01:06 マルシェ
2:05:13 イツナロウバ
2:13:26 アンバランス
2:22:20 タカオニ2000
2:34:46 虹

見どころは??

ULが登場して、”夏歌詩”を披露したあたりですね。最初の方は正直あまり面白くないです。あとは、1:48:48 SWEET SWEET メモリーズ。これはしびれました。増田有華のファンになりそう。いうまでもなく、KICK THE CAN CREWのパートはおすすめですね。

KREVAのおすすめはこれだ!



KICK THE CAN CREWのおすすめはこれだ!


KREVA 般若の挑発へ大人な対応!新曲も初披露!

なんでこんなツイートをしているの??

KREVAのツイッターアカウントで突然の本人登場ツイート!
普段はスタッフがつぶやいているので本人が登場するのは結構稀なアカウントなんです。
なんでこんなツイートをしているかというと、発端はこの動画。


と、いう感じで勝手に宣戦布告されたKREVA。
これが原因だったんですねー。

新曲のラップを初披露

2016/6/8の昼間に生放送で配信された動画では、新曲のラップを初披露。
このラップが般若に対するアンサーなのか!?と捉えられたコメントが視聴者から寄せられて、ツイートした経緯もありますね。
大人な対応で、般若からのコールは華麗にスルーした、というのが今回の結末ですね。
フリースタイルダンジョンには一生出演しない、と言い張っているわけですからねー。

動画はLINE LIVEでチェックできます。

さしめし
動画をチェック!!

動画の”59:39〜”でKREVAのラップが披露されています。
披露されたラップは6/9にレコーディングするもののようですね!
KREVAの久しぶりの新曲は楽しみですー!!
ラップはもちろん楽しみだけど、どんなトラックなのか、そこももちろん楽しみ。
これはKREVAだけの作品ではなく、誰かがフィーチャリングようですね。
ちなみに曲のタイトルはまだ内緒。フィーチャリングの相手も内緒ですって。

リリックを耳コピ!

さっそく耳コピしてみました。
というかフリーでラップしていたので聞き取りやすくて耳コピっていえるのかどうか怪しいところですが。。
と余裕をかましていますが、実は途中聞き取りに自信がない箇所もあります。

まあこれが正しいかどうかは曲がリリースされたときのお楽しみにとっておきます!

ラージ ミディアム スモール
すぐ隣にある恐怖
向き合って乗り越え
自分の世界広げて
深く遠く
そうやって日々生きて行く
毎日が新人研修
全部難問 そう思えても一つ一つ見捨てない
千手観音さ

自分に期待し自分が
自分の依頼人になる
かつ請負人
過去引きずらずに未来信じる
でも君は過去にこだわってる
あの日のまま出て
今現在のように受け止めてる
いやもうおれすでに上のレベル
感じといてほら一歩前にまるで男子トイレ
枠にはめないで
自分の真似するバカになれないぜ
リスペクトって軽々しく口にすんなよ
ますますひく
さあもう行こう違うとこ
ほら気がついたときにはアウトロー



今回のさしめしでは小西真奈美も出演!
KREVAの”トランキライザー”をカバーしたことで話題になりました。
気になる人は要チェック!!

小西真奈美が歌う
トランキライザーはこちら!







KREVAのおすすめ曲を勝手にランキング形式で紹介中!

KREVAのおすすめはこれだ!


小西真奈美が歌うKREVAの”トランキライザー”が話題に!

konishimanami_top
なんと小西真奈美がラップで楽曲をリリース!!
KREVAが監修を務める音楽劇“最高はひとつじゃない2016 SAKURA”で、初披露さたのですが、まさか楽曲リリースするとは思いませんでしたね。
それならば、2014年KREVAフェスでの三浦大知が披露したKREVAの楽曲のアレンジバージョンとかも個人的にはリリースして欲しいです。

さて原曲のトランキライザーは、どんどんいけいけな感じでKREVAのラップが披露されています。

KREVA / トランキライザー


こんな勢いで小西真奈美がラップするのは想像できず、どんな感じに仕上がるのかと思いきや、
超絶優しめ!!



ラップに関してはもはや”ささやき”ですね。
若干最初聴いてる時には抵抗がありましたが、笑

でも小西真奈美のトランキライザーで注目したいのはサビ!!
ベースとドラムが優しく入ってくるトラックが最高!
リピートしたくなるようなメロディです。

ラップに関してはこんな記事もあがっていますね。
小西真奈美のウィスパーラップが最高だった! ヒップホップチャート1位に

ウィスパーとは英語で、”ささやく”の意。
まあ先ほど言った内容を英語で表現した感じですね。

小西真奈美が歌うトランキライザーはこちらからチェックできます。

小西真奈美 / トランキライザー

トランキライザー~single ver.~
小西真奈美
ヒップホップ/ラップ





この記事を読んだ人はこのアーティストが好きかも?

KREVA