タグ : ニューカレドニア

【ニューカレドニア旅行2016年!】 4日目~ウェディングフォト撮影編 事前準備~

本日はメトル島でのウエディングフォト撮影です。
ニューカレドニアに来た目的の一つでもあります^^
今回は撮影模様をご紹介します!
・・・といいたいところなんですが、これは事前準備が結構大変だったこともあり、事前準備編と当日撮影編の2回に分けてお送りいたします!


海外で結婚式がしたい!!!と思っていたのですが、叶わず、、、
披露宴には友達を呼びたかったので、海外でやるとなると莫大な費用がかかってしまうんですよね。
そこで、写真だけでも海外で!と思い、ニューカレドニアでウエディングフォトを撮ることにしました。
いわゆる別撮りってやつです。
IMG_4785

ニューカレドニアのウエディングフォト事情

ニューカレドニアでは主に
・ヌメア市内
・メトル島
・イルデパン島
・ウベア島

で撮影することが出来ます。

それぞれこんな感じです。

ヌメア市内

ビーチ・大聖堂・見晴らしの良い丘等で撮影可能。一番リーズナブルで10万円弱で撮影することが出来ます。しかし、海外の青い綺麗な海で撮りたいと思っている方には物足りないかも。。。
砂浜があまり白くないので、理想とはかけ離れる可能性がありますね。

メトル島

海外らしい水上コテージ・桟橋付近で撮影出来ます。ビーチはまあまあと言ったところですが、ヌメアよりは綺麗です。透明感はあります。海外で撮った感のある写真にしたい方はこちらがおすすめ。お値段は12万円〜でヌメアよりちょっと高いですが、別撮りと思うと手が出せる範囲です。
※基本的にメトル島宿泊者のみとなっておりますが、一部宿泊者以外でも対応頂ける会社があります。詳細は後程記載します!

イルデパン島

イルデパン島の綺麗なビーチで撮影出来ます。しかし、お値段は20万円〜とお高め。。。

ウベア島

天国に一番近い島の舞台となったウベア島!ニューカレドニアといえばウベア島をイメージしている人も多いのでは?
こちらもウベア島の素晴らしく綺麗なビーチ・教会で撮影出来ます。
お値段は25万円〜とかなりお高め。。。私は手が出ませんでした。。。
イルデパン島・ウベア島での撮影は宿泊者のみとなっております。
イルデパン島かウベア島で撮影したい!と思っていた私ですが、宿泊地がヌメアであった為、必然的に断念せざるを得ませんでした。。。


金額順に並べると、

ヌメア市内<メトル島<イルデパン島<ウベア島ですね。

ということで、今回はちょっと奮発してメトル島で撮影することに!

ウエディングフォト in メトル島

ウエディングフォト予約

ニューカレドニアでウエディングフォトを催行している会社は4社程※あります。
※私が調べた情報ですので、実際はもっとあるのかも。。。

いずれも現地でツアーデスク等を通じて予約することも出来ますが、1日の催行回数が少ないということもあり、事前に日本で予約していくことをおすすめします。
せっかく行ったのに予約がいっぱいで撮影できなかった なんてことになったらせっかくの旅行が悲しくなりますものね。。。

各社値段は似たり寄ったりですが、1点だけ違いがあるんです!
それは、、、

ドレス!!!

女性にとってドレスは重要ですよね。

よくあるのが、基本料金10万円で基本料金に設定されているドレスならば差額0円、基本料金で設定されている金額以上のドレスを選ぶと差額分を基本料金にプラスで支払うというパターンです。
ホームページにはいろいろな種類のドレスが掲載されていて、あたかも全部選べますと言うかのように見えていても実際に基本料金内(差額0円)で着れるドレスはというと、、、

なんと2着・・・

これしかないんですよね。。。しかもかなりシンプルだったり。。。
これにはかなりがっかりしました。
なので、催行会社を選ぶ際にはよく見た方が良いです。
最近はドレスも安く購入できるので、自身で購入したドレスを持っていくのも良いかもしてませんね^^

その中でも私は
BLUE WHITE MARIAGE
に決めました。
決めてはというと、、、
・選べるドレスの種類が多い
・センスの良いドレスが揃っている
・提供頂けるカット数が多い(150カット)
・メトル島宿泊者以外でもメトル島での撮影に対応して頂ける

からです!!!

こちらは日本に支店がないため、現地のスタッフ様とメールで質問・予約のやり取りを行います。大変親切にご対応頂けたので、安心してお願いすることができました^^
もちろん、日本語でのやり取りでOK!

これで事前予約は完了!
あとはニューカレドニアに飛び立つのみです!

補足ですが、撮影時に自作の撮影アイテム(フォトプロップスやガーランド等)を持って撮影することが出来るみたいなので、持って撮影したい方は作成してみても良いかもしれませんね。
私はフォトプロップス・ガーランド・アルファベットオブジェ等を持って行きました!

次は当日の撮影模様についてご紹介します!





他の日のニューカレドニア旅行記はこちら!

【ニューカレドニア旅行2016年!】1日目~出発からチェックイン、そしていきなりカジノへGO!!~
【ニューカレドニア旅行2016年!】2日目〜シャトーロワイヤルホテル、アンスヴァタ満喫編〜
【ニューカレドニア旅行2016年!】 3日目~ヌメア市内観光編~