ステレオタイプ

曲紹介ではないのですが、雑記としてちょっと記事を書いてみたいと思います。

最近、というか結構前から、いや、いつからこうやっていわれているのかわからないですけど、

J−POPは終わってる

とか、日本の音楽は終わってる、とか

口パクとかないわーとか、否定的な意見をもっている人が増えているような気がします。

価値観は人それぞれなので好き嫌いははっきり分かれると思うんですが、

聴きもしないでそういったこというのはちょっともったいないと思うんですよね。

日本の音楽にだっていろんなものがあるし、それぞれにいいところが含まれてるはず。

聴いてみて、俺はこの曲あんま好きじゃないなーとかなら分かるんですけど、J-POPとか大きなくくりで否定的観点から入るのはステレオタイプになっちゃってると思うんですよ。

僕は洋楽だから、とか邦楽だから、とかいう理由はなしに、

いいと思った曲を紹介していきたいと思ってます。

自分がいいと思っているものをしっかりいいと言えることは大切なことなんじゃないかなって考えていて。

だって、流れにのらないよりものるほうが楽じゃないですか。

周りが自分と反対意見の人たちばかりだったらその人たちに同調していた方が楽。

でもそうしてると結局のちのち自分に嘘ついて、気づかない間にその反対意見と同じ意見をもってしまうようになってしまう。

あと、だめばっかりじゃつまんないじゃないですか。

だから僕は自分がいいと思ってることを広げていきますー

最近このブログみてくれている人もちょっとずつ増えてきてるみたいで嬉しいです。

まだコメントきたことないんですけどw

ユーザーの方の中にも、これいい!って曲があれば教えていただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。