Coccoのおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや有名曲と代表曲も!

1997年にデビュー。
独特の世界観を持ったシンガーソングライターです。
伸びやかで温かい歌声が魅力的で、その歌声とは対照的な衝撃的な歌詞や、ちょっと不思議なキャラクターで注目を集めました。
音楽以外にも、絵本やエッセイなどの執筆も手掛け、映画や舞台への主演などもこなすマルチな才能を持っています。
バレエダンサーになるのが夢で、最初は歌を続けるつもりは無かったそうです。
2001年に突然活動休止を宣言し、テレビ朝日「ミュージックステーション」の出演を最後に表舞台からは姿を消しました。
その最後のステージはとても印象的で、当時話題になりました。
2006年に活動再開できたのはスタッフがしつこく誘ってくれたからなんだそうです。

芸能人にもファンが多く、ガッキー(新垣結衣)のライブ会場での目撃情報もあるんだとか。
アーティストでは土屋アンナもCoccoが好きだと、メディアで公言しているようですね。

それではCoccoのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます!

Coccoのおすすめ曲10選!

No.1 強く儚い者たち

1997年11月リリース。
言わずもがな、Coccoの代表的な曲です。
ポップで優しいメロディーからは想像できない衝撃的な歌詞が印象的です。
「飛び魚のアーチをくぐって」と可愛らしい歌詞のあとに続く衝撃的な歌詞。
是非聴いて確認してみて下さいね!


No.2 焼け野が原

2001年4月リリース。
活動休止を宣言した後、最後の舞台ミュージックステーションで歌ったのがこの曲でした。
Cメロから大サビへ向かうところの盛り上がりが最高にカッコいいです!!
ここは鳥肌物です!!
歌詞はとことん重く情熱的な内容になっています。


No.3 ポロメリア

1999年10月リリース。
イントロからステキです。
切ない曲調と、情景が思い浮かぶような歌詞に胸が打たれます。
サビの「見上げれば終わりを みたこともない 眩暈を覚えるようなあお」この部分の歌詞、切なくて、美しくて、温かいです。
この曲は書き下ろしの小説も発売されていて100%実話なんだそうです。


No.4 樹海の糸

1999年4月リリース。
NHKドラマ「運命に似た恋」主題歌。
Coccoの世界観にどっぷり浸れる曲です。
歌いだしから切なく、喉奥が閊えて言葉が出ないような無性に泣きたくなる曲です。
メロディーや演奏はどちらかと言ったら軽快で爽やかなのに歌詞と歌声だけが浮き彫りになるような、不思議な切なさがありますね。


No.5 やわらかな傷痕

1997年5月リリース。
心地よいギターの音で始まるイントロは爽やかで、きれいなメロディが心地良い曲です。
優しいく伸びのある歌声は、心に沁みます。
辛く悲しい歌詞ですが、なぜか後ろ向きに聞こえないのがCoccoの素晴らしいところなのだと思います。


No.6 音速パンチ

2006年2月リリース。
活動再開後の最初の曲です。
カッコいいロックナンバーですね。
良い意味で、Coccoの新しいスタートにピッタリな今までとは少し変化のある疾走感を感じる曲です。
歌詞からもスタートを感じます。
何度も聴きたくなる中毒性がありです。


No.7 けもの道

2000年6月リリース。
めちゃめちゃ重いです・・そして生々しい。
かなり重苦しくて恐ろしい…。
重い演奏とは真逆なか細い声がサビで爆発するところは怖くもカッコいいです。


No.8 雲路の果て

1998年10月リリース。
Coccoの代表的な曲のひとつです。
カッコいいサウンドに甘く切ないボーカルが映えますね。
Aメロの仄暗く緊張感のある歌い方からサビ部分の盛り上がりは鳥肌物です。
どんどん惹き込まれてCoccoの魅力にどハマりしてしまいそうになる楽曲だと思います。


No.9 Raining

1998年3月リリース。
この曲もCoccoの代表的な曲です。
穏やかで聴き心地の良いメロディーからは想像できない残酷で衝撃的な歌詞。
Coccoワールドが炸裂しているなーという印象を持ちます。
Coccoの柔らかく伸びやかな歌声と歌詞のギャップがCoccoの良きところなんだろうと思います。


No.10 有終の美

2016年8月リリース。
儚くも力強い曲です。
こぶしをかけるように地声から一瞬ファルセットに切り替わる歌声が繊細で、儚さを際立たせています。
堂々とした歌い方は、結ばれない恋の散り際だとしても凛とした強さを感じます。
PVのCoccoがとても美しいので、そちらもチェックしてみて下さい!


Coccoのおすすめアルバムは?

これまでにCoccoがリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。

1997年5月21日  ブーゲンビリア
1998年5月13日  ムクタイウタ
2000年6月14日  ラプンツェル
2001年4月18日  サングローズ
2001年9月5日  ベスト+う裏ベスト+未発表曲集
2006年6月21日  ザンサイアン
2007年7月25日  きらきら
2010年8月11日  エメラルド
2011年8月15日  ザ・ベスト盤
2014年10月8日  プランC
2016年8月24日  アダンバレエ
2017年3月21日  20周年リクエストベスト+レアトラックス

こう見るとかなりの枚数のアルバムをリリースしてきてますね。
どれも素敵なアルバムですが、まだCoccoを知らないという人はまず1stアルバムのブーゲンビリアを聴いてみて下さい。
個人的にはCoccoの世界観を最も堪能できる一枚だと思います!!

以上、Coccoのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしました!

▼本サイトの人気記事ランキングもチェック!▼

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。