大原櫻子のおすすめ人気曲ランキング10選!新曲やアルバムと無料試聴は?

愛くるしいキャラクターに透き通るようなクリアな歌声で多くのファンを魅力している大原櫻子。
何か飾るわけでもなく、ありのままの姿でギター片手に歌うことで人の心を動かすのかなと個人的には思います。
今日も純粋、爽やかな元気な歌声がどこからか聴こえてきそうですね。

それでは大原櫻子のおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます!

No.1 大好き

2016年6月リリース。
曲目どおり大好きという気持ちが素直に表現されています。
オススメとしてはサウンド的には前奏のエレキのクリアに聴こえるところですね。後はポップな感じでノリが良いところ。
歌詞的には「大好き 言葉にできなくてそれでも届けたい」と一発目にありますが、人を本気で好きになると話かけられないときってありますよね。仲良くなりたいんだけど、なれない、そんな複雑な思いをした方も多いんじゃないかと思います。だけど、気持ちを伝えたい!そんな純粋な歌詞だなと思いました。歌詞に共感する方も多いのではないかと思います。


No.2 真夏の太陽

2015年7月リリース。
夏の日差しを感じて爽やかなリズムで弾む気持ちにしてくれる楽器だなと思いました。
オススメはサビですね。ウキウキするようなリズムでキャッチャーで、大原櫻子の透き通るような歌声がマッチしてるのが良いです。
サビのメロディーラインを聴いてると夏の暑さも楽しくなってきそうな感じさえします。
あとはサビの最後の作り方の部分がポイントかなと。「きっとそこにずっとそこに」というところの「きっと」「ずっと」のところがアクセントになったリズムなので心にしっくりはまる感じでスカッとしますね。


No.3 マイ フェイバリット ジュエル

2014年8月リリース。
この楽曲は特に大原櫻子のクリアな歌声が光っている作品かなと思っています。
オススメとしてはAメロラインになります。
少し刻むようなリズムでスピード感を感じさせるけれど、落ち着いた感じで歌っている大原櫻子の可愛らしい声が最高ですね。
個人的にはすごい発想力がないとこんなAメロは作れないと。サビについてはちょっぴり大人なテイストも含まれているようなので、落ち着いて聴ける一曲だと思います。


No.4 青い季節

2017年3月リリース。
シングル、『ひらり』のカップリングの曲です。
爽やかでロックな感じもするノリが良い曲ですね。
オススメポイントは前奏のエレキギター。これがカッコいいです。
サビ「青い季節の中で
抱きしめてる想い」の「中で」と「想い」のここが強調的に歌っている大原櫻子の歌い方がかなり可愛らしいですね。
「明日が見えないのは 今が眩しいから」の「のは」と「から」のとこも同じアクセントですね。


No.5 サンキュー。

2014年1月リリース。
この楽曲もストレートで分かりやすい歌詞で聴き手が納得する作品ですね。
強調がリズムがしっかりしててノリながら歌えるのでカラオケで盛り上がる曲だなと思います。
オススメは前奏からクリアに響く心地よいアコギの音色です。曲に合わせてしっくりリズムを刻んでいますね。


No.6 瞳

2015年1月リリース。
第93回全国高校サッカー選手権大会の応援歌として作られた楽曲です。
オススメとしては前奏のしっとりとしたピアノ伴奏から楽器隊が一緒に盛り上がるようにスケールを大きく弾いてるところです。
曲にメリハリがあってしっかりした、そして感動する作品になっています。主人公が一生懸命に夢に向かって頑張っている相手に対して語りかけるようにエールをおくっているようなストーリーが見られます。
例えば「今は大切にしたい 涙だって笑顔だって がむしゃらになった証だよ」というところもオススメですし、何か相手を励ましているように感じます。そこから「そんな君と一緒に生きること 僕は誇りに思うよ」って続くのを聴くと、一つの深い友情を感じますし、素晴らしい応援歌だなって思います。




No.7 キミを忘れないよ

2015年11月リリース。
ピアノのキレイな伴奏と大原櫻子の歌声で始まる大人な雰囲気を出しているバラードです!
その前奏と大原櫻子のいつもと雰囲気が違う大人な歌い方が最高に素晴らしいですね。
映画「ちびまる子ちゃん」の挿入歌でもあります。
「ずっと忘れないよ」という歌詞がありますが、「ないよ」のリズムが特徴の一つかなと。
このリズムでサビへと盛り上がるので大事な部分でもあると思います。


No.8 ひらり

2017年3月リリース。
この曲は卒業ソングですね。
オススメポイントは所々、大原櫻子が裏声を響かせていてすごくキレイですね!
例えば「桜の花ひらり」の「花」の部分など。
しっとり、また優雅にせつなく歌い上げている大原櫻子は大人な雰囲気で魅力に溢れています。
裏声はそこだけでなく、「君と見てた」の「君」のところも最高に裏声聴いててうっとりしますね。
あとは裏声箇所ではないですが、「今この瞬間をひとつひとつ忘れない」の「ひとつひとつ」というところは噛み締めるようにリズムとりながら歌っているところも個人的にオススメポイントです!


No.9 頑張ったっていいんじゃない

2014年6月リリース。
落ち込んでいても前向きになれる、そっと一歩を踏み出させてくれるアップテンポでウキウキするようなそんな楽曲です!
オススメは細かいですが、全体的に応援するようなハデなリズムが印象的な楽曲の中で、かすかにバックから聴こえてくるエレキサウンドがこの曲にしっかり飾りをつけているなと感じさせてくれるところ。
勢いがあるけれど、彩りのある作品かなと思いますね。


No.10 明日も

2013年12月リリース。
オススメは大原櫻子のはじめのソロの歌い出しから楽器隊が一気に入ってくる盛り上がり部分です。
さらに、エレキギターのサウンドがカッコよくてたまらないなと思います。
この一発目で楽曲全体のアクセントになっていると思うし、それにのっかるサウンドの弾むようなまた、幸せそうな歌い方は、こちらまで楽しい気分にさせてくれるような楽曲です。


大原櫻子のおすすめアルバムは?

これまでに大原櫻子のリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。

HAPPY(2015年3月リリース)
V (ビバ)(2016年6月リリース)
Enjoy(2018年6月リリース)

~その他アルバム~
カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年12月リリース)
「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」ミュージックアルバム(2015年12月リリース)

オススメアルバムはHAPPYですね。「明日も」という曲が入っていますが、個人的にはこの楽曲は知名度もあるし、知ってる人が多いんじゃないかなと思うのでオススメアルバムですね。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。