FTISLAND(エフティーアイランド)のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや新曲も!

2007年に現役高校生バンドとして韓国デビューしたFTISLAND。
10代の圧倒的な支持を得てゴールデンディスク賞新人賞を受賞。韓国の各音楽新人賞を総なめ。アジア圏で活躍。日本では、2008年に短期留学後インディーズデビューし、2010年5月に『Flower Rock』でメジャーデビュー。SUMMER SONICに出演するなど、日本でも韓国でも人気のあるバンドです。
ちなみにFTISLANDは『Five Treasure Island』の意味です。「エフティーアイランド」と読むのですが、初めて目にする人は「フィットランド」とも読めてしまいますよね。

それではFTISLANDのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます!

FTISLANDのおすすめ曲10選!

No.1 Severely

2012年1月リリース。

韓国の4枚目のミニアルバム『GROWN –UP』の1曲目に収録。日本語では「ひどく」と言うタイトルで、別れの曲です。私が初めてFTISLANDを知った曲でもあります。韓国で人気番組「私たち結婚しました」(通称ウギョル)にボーカルのホンギと日本の女優藤井美菜が出演した時に、藤井美菜がホンギのために歌った曲です。悲しい曲だからと歌詞を替えて歌っていました。MV見ると切ない感じが余計に伝わってくる感じになっています。


No.2 アリガト

2014年5月リリース。
日本のアルバム『NEW PAGE』の2曲目に収録。好きな人がそばにいる事で強くなれるとだから「ありがとう」と伝えたいと歌っている歌。私個人的には、結婚式で歌ってもいいんじゃないかと思うくらい、相手のことを想っている歌です。日本の曲の中では、この曲が一番好きで、泣けちゃうくらい歌詞が心にしみる感じで好きです。

アリガト
FTISLAND
ポップ
¥250



No.3 願う

2009年11月リリース。

韓国のアルバム『Double Date』の5曲目に収録。FTISLANDを代表する曲だと思っています。ライブでも盛り上がる曲。日本語訳見ると悲しい歌詞だけど、曲は明るい感じになっています。


No.4 Distance

2011年11月リリース。

この年の「ハッピーMUSIC」11月のオープニングテーマ曲。悲しい歌詞で、ホンギの声がもっと切なくさせる感じで、曲を聴いているとその情景が浮かぶ感じがします。バラードですけど、思いっきり歌える感じが好きです。


No.5 Try Again

2013年10月リリース。
韓国デビュー6周年記念ミニアルバム 『Thanks To 』の3曲目に収録。全体的にカッコいい感じの曲で、聴いていると気持ちが上がっていく感じがします。

No.6 Always

2012年5月リリース。

『20 [ twenty ]』の7曲目に収録。元恋人との事を歌った歌で、悪いイメージの自分を書き換えたくて頑張っている歌詞で、誰もが共感出来るんじゃないかって思える感じの曲です。

No.7 Hello Hello

2011年5月リリース。

韓国の3枚目のミニアルバム『RETURN』の1曲目。この曲もFTISLANDを代表する曲だと思います。テンポがよく盛り上がる曲だと思います。改めて日本語訳を見たらこれも別れの曲だったみたいです。


No.8 LOVE LOVE LOVE

2010年8月リリース。

韓国ミニアルバム『Beautiful Journey』1曲目に収録。この曲もFTISLANDを代表する曲だと思います。これも切ない感じの曲です。多分ホンギの声がハスキーなので、こういう切ない感じ曲に合うのかもしれません。ホンギの声で別れの曲を歌われるとキュンとします。


No.9 CRYING IN THE RAIN

2015年5月リリース。

『5…..GO』の6曲目に収録。暗い感じの曲なんだけど、ホンギが歌うとそういう風に聞こえないのがホンギの歌唱力の凄さだと思います。バラードの曲は、本当にホンギの声に合っていて、本当に韓国人が歌っているの?思うほど流暢な日本語が聞こえてきます。

CRYING IN THE RAIN
FTISLAND
ロック
¥250



No.10 Love is

2008年8月リリース。

韓国のアルバム『Colorful Sensibility』の4曲目に収録。日本のドラマを韓国映画でリメイクした「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」の主題歌だったそうです。明るい歌で、聴いていると気持ちが明るくなります。

FTISLANDのおすすめアルバムは?

 今までにFTISLANDがリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。

  ≪日本≫
So long, Au revoir  2009年12月リリース。
FIVE TREASURE ISLAND  2011年5月リリース。
Best Recommendation For JAPAN -Our Favorite Korean Songs Limited  2011年9月リリース。
20[twenty]  2012年5月リリース。
RATED-FT   2013年6月リリース。
THE SINGLES COLLECTION  2013年9月リリース。
NEW PAGE   2014年5月リリース。
5…..GO    2015年5月リリース。
N.W.U    2016年4月リリース。
UNITED SHADOWS  2017年4月リリース。
PLANET BONDS  2018年4月リリース。
  【ミニアルバム】
Prologue of FTIsland -SOYOGI-  2008年6月リリース。

  ≪韓国≫
Cheerful Sensibility  2007年6月リリース。
The Refreshment-Special Album  2007年12月リリース。
Colorful Sensibility  2008年8月リリース。
COLORFUL SENSIBILITY Part.2  2008年10月リリース。
Mini Album – Jump Up  2009年2月リリース。
Double Date  2009年11月リリース。
So long,Au revoir  2009年12月リリース。
2nd Mini Album – FTIsland Beautiful Journey  2010年8月リリース。
3rd Mini Album – RETURN  2011年5月リリース。
Memory in FTIsland  2011年10月リリース。
4th Mini Album – GROWN-UP  2012年8月リリース。
4集 – Five Treasure Box  2012年9月リリース。
Thanks To   2013年10月リリース。
The Mood  2013年11月リリース。
FTIsland Japan Best – ALL ABOUT  2014年10月リリース。
I Will  2015年4月リリース。
Where’s the Truth?  2016年7月リリース。
FTISLAND OVER 10 YEARS 10周年記念アルバム  2017年6月リリース。

おすすめのアルバムは、「THE SINGLES COLLECTION」と「Best Recommendation For JAPAN -Our Favorite Korean Songs Limited」です。日本と韓国の代表する曲が収録されていて、FTISLAND の魅力が凝縮されていると思います。おすすめで紹介しきれなかった曲がたくさん収録されているのでぜひ聞いてもらいたいと思います。

以上、FTISLANDのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしました!

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。