CNBLUE(シーエヌブルー)のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや新曲は?

メインボーカル&ギター ジョン・ヨンファをリーダーとしボーカル&ギターのイ・ジョンヒョン、ドラムのカン・ミンヒョク、ベースのイ・ジョンシンの4ピースバンド。「バンド文化である日本で経験を積みたい」と2009年6月から半年間武者修行で日本に滞在。その年の8月に日本でインディーズデビュー。その間ライブハウスやストリートライブを100回以上行っています。2010年1月に韓国でメジャーデビュー。そして2011年10月に日本メジャーデビュー。現在韓国で8年目、日本で7年目のバンドで、日韓ともに活躍中。音楽だけではなく、メンバー全員俳優活動も行っています。ヨンファ・ジョンヒョン・ジョンシンは作詞・作曲も行い、ヨンファ・ジョンヒョンはソロでも活躍中です。
なお、現在リーダーであるヨンファが入隊し兵役中のため4人での活動は休止中です。

ヨンファのおすすめ曲も紹介していますので、興味がある方はこちらの記事をチェックしてみてください。


そんなCNBLUEのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきたいと思います!

CNBLUEのおすすめ曲10選!

No.1 Have a good night

2012年8月リリース 
日本でメジャーデビューして1枚目のアルバムでこの曲は、5番目に収録されています。もちろんヨンファの自作曲。ライブで歌うことを想像して作った曲でファンと一緒に楽しみたいという思いが込められているように感じ、ライブでは必ず盛り上がる曲です。
全編英語の歌詞ですけど、ノリがよく特にサビの部分が大好きです。

Have a good night
CNBLUE
ロック
¥250



No.2 I’m Sorry

 2013年1月リリース。
韓国の4枚目のミニアルバムで、1曲目に収録されています。韓国ではなかなか自作曲でのパフォーマンスが出来なかったのですが、この曲から韓国でも自作曲で発表できるようになりました。CNBLUEならこの曲が浮かぶほどの定番曲で、やはりライブで盛り上がる曲です。恋人と別れる歌ですが、悲しいバラードではなくノリのいい早いテンポの曲です。


No.3  Lady

 2013年7月リリース。
日本での6枚目のシングル。私が初めてCNBLUEの存在を知った曲で、この曲でCNBLUEのファンになりました。好きな人への思いをつづった曲です。これもテンポが良くて、ライブで盛り上がります。ライブのアレンジされたほうがもっと好きです。MVを見て、曲のカッコよさにすっかりハマりました。


No.4 Between Us

2017年3月リリース。
韓国での7枚目のミニアルバムで、1曲目に収録されています。このアルバムのリード曲でもあります。男女の曖昧な関係を気持ちにした曲です。ヨンファ入隊前の韓国では最後のアルバムでもあります。イントロから少しずつ気持ちが上がっていきサビのメロディーが流れてから曲に入っていく感じが好きで、この曲聞くと自然と体動きます。


No.5 Truth

2014年4月リリース。
日本での7枚目のシングル。この曲は、MVが好きでメンバーが特にヨンファのカメラ目線が多いので自分が見つめられてるみたいでドキドキします。この曲も恋愛の曲です。好きな人への熱い思いを歌っています。


No.6 そうするつもりです、、、忘れるつもりです

2010年1月リリース。
英語でのタイトルは、I will Forget you
韓国のファーストアルバムの5番目に収録されています。日本での発売が先で「Teardrops in the rain」というタイトルで英語の歌詞です。私は、英語の歌詞もいいですけど、韓国語の方が好きです。ヨンファが主演していた「オレのことスキでしょ」でパク・シネがオーディションで歌っていた曲で、好きな人を忘れようとしている曲です。CNBLUEでは、ジョンヒョンが1人で歌っています。


No.7 Face to face

 2016年10月リリース。
日本での5枚目のアルバム「EUPHORIA」の4番目に収録されています。これも全編英語の曲ですが、どこか懐かしいような感じがして、聞いているといつも笑顔になってしまう曲です。ライブの時もヨンファが可愛くポーズ取っているんですが、どこかかわいらしい感じがする曲でもあります。

Face to face
CNBLUE
ロック
¥250



No.8 Sweet Holiday

 2010年6月リリース。
韓国での2枚目のミニアルバムで、2番目に収録されています。CNBLUEのメンバーの自作曲ではないですが、好きな人と一緒に過ごしたいという気持ちを歌った歌で、途中にはヨンファのラップもあります。この曲を聴くと、題名通り何でない休日を思い出して気持ちが楽になる気がします。

Sweet Holiday
CNBLUE
ロック
¥250



No.9 Be OK

 2016年10月リリース。
「Face to face」と同じアルバムに収録されています。ジョンヒョンの自作曲で、ジョンヒョンらしいきれいなバラード調の曲になっています。全編英語の曲ですが、いつも聴くと自然と口ずさんでしまいます。ジョンヒョンが作るバラードの曲は、どれもメロディーがきれいな感じがします。

Be OK
CNBLUE
ロック
¥250



No.10 Roller Coaster

 2015年9月リリース。
韓国での2枚目のフルアルバム。3番目に収録されています。彼女と関係をジェットコースターに見立てて歌っています。日本ではジェットコースターと呼んでいますが、本当はローラーコースターというみたいです。その名の通りジェットコースターのようにテンポが良くノリがいい曲です。


CNBLUEのおすすめアルバムは?

これまでにCNBLUEがリリースしたアルバムは以下のようになります。
日本と韓国それぞれでリリースしたアルバムがありますね。

《日本》
  〇インディース時代
    ・Now or Never(ミニアルバム1th)2009年8月
    ・VOICE(ミニアルバム2th)2009年11月
    ・ThankU(1th)2010年3月
・392 (2th) 2011年9月

  〇メジャー
    ・CODE NAME BLUE (1th) 2012年8月
・What turns you on? (2th) 2013年8月
・WAVE (3th) 2014年9月
    ・Colors (4th) 2015年9月
    ・Euphoria (5th) 2016年10月
    ・STAY GOLD (6th) 2017年10月

《韓国》
    ・Bluetory(ミニアルバム 1th)2010年1月
    ・BLUE LOVE(ミニアルバム 2th)2010年5月
    ・FIRST STEP (1th フルアルバム) 2011年3月
    ・EAR FUN (ミニアルバム 3th) 2012年3月
    ・Re:BLUE (ミニアルバム 4th)2013年1月
    ・Can’t Stop (ミニアルバム 5th)2014年2月
・2gether (2th フルアルバム) 2015年9月
    ・Blueming (ミニアルバム 6th)2016年4月
    ・7℃N (ミニアルバム 7th)2017年3月

日本のものと韓国のものそれぞれでおすすめを紹介すると、まず日本のアルバムの中では、「EUPHORIA」がおすすめです。
日本デビュー5周年を記念して発売されたアルバムで、タイトルの意味である「幸福」を味わえるように作られたアルバムです。メンバーの感謝が込められ聞いているファンが幸せになれる曲がいっぱい入っています。

韓国のアルバムでは、7℃Nですね。
ヨンファ入隊前の韓国での最後のアルバムです。ミニアルバムだけど、韓国での7年目を記念してのアルバム発売。どの曲も聞いているとなんか癒されるというかずっと聴いていても飽きないアルバムになっています。

以上、CNBLUE(シーエヌブルー)のおすすめ曲を勝手にランキング形式で紹介しました!

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。