安室奈美恵のおすすめ人気曲ランキング7選!アルバムはどれが良い?

2017/9/20に日本のみならず世界中にも衝撃を与えるニュースがありました。
安室奈美恵が突然、2018/9/16に引退することを発表しました。
引退を公開してからは、

有意義な一年を過ごしたいと思っています。
私らしく、2018/9/16を迎えたいと思います。
安室奈美恵の最後の一年をよろしくお願いします。

というメッセージを残していますね。

安室奈美恵はなぜ引退?その理由は?

引退を表明した本人からは引退の理由についての言及はありませんでした。
それゆえ、多くのファンはなぜいきなり引退なの??
と、どうしても理由が気になる人がいるかと思います。

ですので、ここからは憶測でしかありませんがいくつか考えられる理由をあげてみます。
まずは可能性が低いかなーと思っているものから。

何かしらの病気!?

プライベートをおびやかすほどの病にかかっていたり、今後歌い続けることが難しいほどの病気など、体の調子が良くないために引退を決意したのかという見方があります。
しかし、今後1年間はライブなどを精力的に今後こなしていくことを表明していますので、病気の可能性は低いと考えられます。
不調であれば、1年間続けて精力的に活動を続けることが困難ですからね。

芸能界から一線をおきたいから?

安室奈美恵さんには息子さんが一人いますが、産んだのが1998年。
つまり、引退するときにちょうど20歳、成人を迎えるわけですね。
ここを自分の人生の一区切りにする、という考え方もできます。
多くのメディアに追われてきたでしょうから、ゆったりと生活したい思いが出てきても不思議ではありませんよね。

満足できるパフォーマンスができるうちに引退?

外見はむちゃむちゃきれいで若く見える安室奈美恵ですが、もう40歳なんですね。
ライブでは歌に加えてハードなダンスを披露するのが特徴の一つではありますが、限界を感じてきたのかもしれません。

と、あげてはみたものの、いつか本人の口から聞くことができる日がくるといいですね。

さて、ここからは安室奈美恵のおすすめの曲を紹介していきたいと思います。
ただし、みなさんが知っている曲、例えば「CAN YOU CELEBRATE?」や「SWEET 19 BLUES」、「Chase the Chance」あたりを紹介しても、そりゃ知ってるよ!ってなってしまうと思いますので、今回は知っているかどうか、そんな曲を対象にして勝手にランキング形式で紹介していきたいと思います!!
(もちろん、有名な曲は本当に良い曲です。)

安室奈美恵のおすすめ曲7選!!

No.1 HimAWArI

2014年リリース。
BESTアルバム「Ballada」収録曲。
切ないメロディが心にしみます。。


HimAWArI(from BEST AL「Ballada」)
安室奈美恵
J-Pop
¥250



No.2 Baby Don’t Cry

2007年リリース。
Aメロが特におすすめですねー。
なんか引退って知った後にこの曲を聴くと切なさ全開になってしまうのは私だけでしょうか。。
曲名も泣くな!って意味ですが、そういうことですか・・


Baby Don’t Cry
安室奈美恵
J-Pop
¥250



No.3 Love Story

2017年リリース。
ドラマ「私が恋愛できない理由」の主題歌として起用されたヒット曲です。
このドラマを見ながら当時恋愛に悩んでいた人は思わずこの「Love Story」をダウンロードしたりしたのではないでしょうか。


Love Story
安室奈美恵
J-Pop
¥250



No.4 Just You and I

ドラマ「母になる」の主題歌。
2017年リリース。
壮大なオーケストラ調のトラックですね。
最近の曲なので記憶に新しい人も多いかなと思います。


Just You and I
安室奈美恵
J-Pop
¥250



No.5 Fight Together

2013年リリース。
人気アニメ「ワンピース」のオープニングテーマソングですね。


Fight Together
安室奈美恵
J-Pop
¥250



No.6 NEW LOOK

2008年リリース。
60sをイメージした曲ですね。


NEW LOOK
安室奈美恵
J-Pop
¥250



No.7 GIRL TALK

2004年リリース。
落ち着いた感じのトラックのメロディが良いですね。
安室奈美恵のクールさが際立つ曲だと思います。


GIRL TALK
安室奈美恵
J-Pop
¥250



以上、安室奈美恵のおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしました!!

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。