米津玄師のおすすめ人気曲ランキング13選!アルバムや新曲もチェック!

徳島県出身のシンガーソングライター。
10代の頃はTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」のリスナーで、番組が主催するライブ「閃光ライオット」に応募するも二次審査で落選。こりゃあ凄まじい逸材を番組は逃してしまいましたね。。
徳島で高校生活を過ごした後には、大阪に進出。
美術専門学校に通いながらバンド活動を始めるが、専門学校は1年程で飽きてしまい中退、バンドも他のメンバーとの価値観が合わずに結局ソロ名義で活動を開始することに。
2014年にリリースした2ndアルバム「YANKEE」の収録曲「アイネクライネ」が東京メトロのCMソングに起用されたのをきっかけにブレイクした感じが個人的にしています。

ワンマンライブの開催をしたり、かなり活動的な米津玄師。
10年に1度の逸材と呼ばれ、10代,20代の認知度は80%を超えているそうです。
そんな彼のおすすめ曲を勝手にランキング形式で紹介していきたいと思います。

米津玄師のおすすめ人気曲ランキング13選!

No.1 打上花火

DAOKOとの共作。2017年リリース。
米津玄師は知らなくともこの曲を知っている人も多いかなと思います。
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌として日本中で大ヒット。
Youtubeでの再生回数は1億回を突破しており、2017年度の邦楽を代表する一曲です。


No.2 Lemon

2018年リリース。
ドラマ「アンナチュラル」の主題歌。このドラマも人気がありましたし、その効果もありつつLemonもかなりの人気曲です。


No.3 灰色と青

2017年リリース。アルバム「BOOTLEG」収録曲。
ボーカルに菅田将暉を加えた一曲ということもあり話題になりました。
メロディむちゃくちゃ良いです。


No.4 LOSER

2016.9.28リリース。
自分が米津玄師を聴くようになった曲なので、ここにランクイン。
サビの攻撃的な感じが好きだし、曲のタイトルを連想させる世界観の表現が良い感じ。
曲を作っているのは米津玄師であるのはもちろんなのですが、踊っているのも米津玄師ですね。


LOSER
米津玄師
J-Pop
¥250



No.5 NANIMONO

2016.10.5リリース。
LOSER聴いた後にすぐリリースされたのがこのNANIMONO.
映画「何者」の主題歌として起用されたので聴いたことがある人も多いのではないでしょうか。
そして中田ヤスタカとタッグを組んでいるので、これも話題になりました。
中田ヤスタカのおすすめはこちらで紹介しています。


曲はもちろん全体的におすすめです!
中田ヤスタカが作曲、作詞を米津玄師が担当。
言葉のセンスは中田ヤスタカも絶賛しています。


NANIMONO (feat. 米津玄師)
中田ヤスタカ
エレクトロニック
¥250



No.6 ピースサイン

2017.6.21リリース。
TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」オープニングテーマ。
疾走感あるトラック、メロディが良い感じ。


ピースサイン
米津玄師
J-Pop
¥250



No.7 ドーナツホール

米津玄師が「ハチ」名義で活動していた時代にリリースした楽曲。
もともとはボーカロイドを使用して作られていた曲ですが、米津玄師自らがボーカルを入れてカバーしたものもリリースされています。
今回おすすめしたいのは米津玄師のカバーバージョンです。
サビが特におすすめですね。


ちなみに原曲はこんな感じです。


ドーナツホール(COVER)
米津玄師
J-Pop
¥250



No.8 MAD HEAD LOVE

2013.10.23リリース。
テンポの早い楽曲。
これもサビが特におすすめです。


MAD HEAD LOVE
米津玄師
J-Pop
¥250



No.9 ORION

2017.2.15リリース。
羽海野チカ原作 TVアニメ「3月のライオン」第2クール エンディングテーマ。


orion
米津玄師
J-Pop
¥250



No.10 アンビリーバーズ

2015.9.2リリース。
イントロから良曲だと思わせてくれる楽曲ですね。
メロディもそうですが、この曲はトラックが個人的に好きです。使われている音とかですね。


アンビリーバーズ
米津玄師
J-Pop
¥250



No.11 アイネクライネ

これは曲も良いのですが、歌詞が特に話題になっています。
この曲でぐんとブレイクした感じがありますね。


アイネクライネ
米津玄師
J-Pop
¥250



No.12 メトロノーム

2015.10.7リリースのアルバム「Bremen」に収録されている曲。
切ないメロディと、それを後押しする歌詞がポイント。


メトロノーム
米津玄師
J-Pop
¥250



No.13 ナンバーナイン

シングル「LOSER」に収録されている曲。
トラックが良いですねー。ここにランクインするような感じの曲じゃないと自分でもこの記事書きながら思ってしまいますが、それだけ米津玄師の曲に良いものが多いということですね。

ナンバーナイン
米津玄師
J-Pop
¥250



米津玄師のおすすめアルバムは?

インディーズ時代にリリースした「diorama」を含めるとこれまでリリースしてきたアルバムは以下のようになります。

・diorama(2012年5月16日リリース)
・YANKEE(2014年4月23日リリース)
・Bremen(2015年10月7日リリース)
・BOOTLEG(2017年11月1リリース日)

シングルのリリース頻度も含めると、結構な勢いで楽曲をリリースしていますよね。
次のアルバムの発売もそんなに遠くはない未来なんじゃないかなーと思います。

これらのアルバムの中だと、YANKEEがまずおすすめですね。
とはいえ、直近でリリースしている曲が特に良いものが多く、上で紹介した曲の多くはまだアルバムに収録されていないものがおおかったりします。
なので次にリリースされるアルバムがかなりヤバイものになるのではないかと個人的に踏んでいます。
売上も過去最高のものになるのではないでしょうか?
⇨そしてBOOTLEGがリリースされました。打上花火も収録されていますし、菅田将暉もボーカルに迎えた灰色と青も。
やはり売れましたし、このアルバムも要チェックですね!

以上、米津玄師のおすすめ曲を勝手にランキング形式でご紹介しました!!

▼本サイトの人気記事ランキングもチェック!▼

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。