【おすすめはこれだ!】椎名林檎の名曲・人気曲ランキング9選!

【2017/5/7 Update!!】
椎名林檎は日本を代表する女性アーティストの1人ですよね。
個人で活動する一方、東京事変のボーカルとしても活動していました。
現在は東京事変は解散してしまっていますが、過去の名曲の中からおすすめを紹介していますので、よければチェックしてみてください。


椎名林檎のおすすめ曲を、勝手にランキング形式でご紹介!!

椎名林檎の名曲9選!

No.1 丸の内サディスティック

1999年リリースされた”無罪モラトリアム”収録曲。
椎名林檎のデビューアルバムになります。
ちなみにモラトリアムの意味は、心理学的な意味で、”学生など社会に出て一人前の人間となる事を猶予されている状態を指す”ということみたいです。
かなり昔の曲になりますが、今でも聴いている人は多いのは名曲の何よりの証拠。
“丸の内サディスティック”って意味が気になりますが、簡潔に答えるのは難しいですね。。
読んでみたら面白く紹介されてるサイトのリンクをこちらにはらせていただきますので、興味のある方はぜひ。
丸の内サディスティックの意味とは??

曲は全体的におすすめ。前奏からやられてしまいます。

丸の内サディスティック
椎名林檎
J-Pop




No.2 長く短い祭

2015年リリース。
「コカ・コーラ」のcmソングに起用されました。
椎名林檎がオートチューンを使ってきましたね。
以前に”熱愛発覚中”をリリースした時には、椎名林檎は声に加工しない方がいいんじゃないかなと思いましたが、今回の”長く短い祭”は良い!

“熱愛発覚中”は中田ヤスタカが編曲に回った楽曲ということもあって注目していたのですが正直いまいちだったなーっていう感想です。。

“長く短い祭”でお気に入りなのはサビですね。
曲の開始からサビですが、速攻良いなと。


しかし、CDのジャケットですが、エロいですねw
これで36歳ですか・・
信じられませんww

長く短い祭
椎名林檎
ロック




No.3 ありあまる富

2013年リリース。
嵐の松本潤主演のドラマ”スマイル”主題歌。
この曲は、メロディはもちろん良いですが、歌詞が深い・・・
下の動画では歌詞も一緒に流れるので、要チェックです。


No.4 目抜き通り

2017年リリース。
トータス松本とのデュエット曲ですね。
サビのメロディがすごく良いです!!
「GINZA SIX」のイメージソングに起用され、プロモーションも華やかな銀座をイメージさせるようなビデオになっています。


目抜き通り
椎名林檎とトータス松本
J-Pop
¥250



No.4 青春の瞬き

2014年リリース。
東京事変の解散ライブでも披露された曲で、ファンがこの曲に寄せる思いは大きいと思います。
2016年の紅白歌合戦で披露する楽曲。


No.5 愛妻家の朝食

アルバム「私と放電」の収録曲。
何かの劇中で使用されていそうな楽曲。
なかなか聴かない感じの曲だったので自分にとっては新鮮でした。

愛妻家の朝食
椎名林檎
ロック
¥250



No.6 すべりだい

アルバム「私と放電」の収録曲。
アルバムの一番最初の曲ですね。
椎名林檎っぽく、大人な感じの曲です。

すべりだい
椎名林檎
ロック




No.7 自由へ道連れ

2012年リリース。ドラマ『ATARU』主題歌。
アッパーチューンな楽曲ですね。
ドライブのお供によいかも??
特にサビがお気に入りです。


No.8 意識~戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱~

アルバム「私と放電」の収録曲。
Perfumeののっちがおすすめの曲であげていて、自分も聴くようになりました。
確かソースは”ミュージャック”というTV番組でしたね。
曲の始まりのメロディが最高。

意識~戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱~
椎名林檎
ロック




以上、椎名林檎のおすすめ曲(名曲)ランキングでした!


椎名林檎がボーカルをつとめる”東京事変”のおすすめも紹介しています!!



アーティスト別検索はこちら!
アーティスト別検索

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。