ポルノグラフィティのおすすめ人気曲ランキング15選!アルバムや新曲も!

pornograffiti

【2016/12/24 Update!!】
1999年にリリースした”アポロ”を皮切りに立て続けにヒット曲を連発してきたポルノグラフィティ。
ボーカルは岡野昭仁、ギターは新藤晴一、二人によって構成されているバンドです。
ファンからは”アキヒト”、”ハルイチ”と呼ばれている二人。
彼らが最も売れていた時はおそらく、”メリッサ”や”愛が呼ぶほうへ”をリリースした2004年ごろでしょうか。
ちょうどそのときにベースを担当していたTamaが脱退し、3人組から2人組へとなりました。
当時よくポルノグラフィティを聴いていた自分にとっては衝撃でしたねー。

最近は昔ほどの人気はみられないですねー。確かに、昔リリースした楽曲の方が個人的にもお気に入りのものというか、良曲が多いと思います。

また、岡野昭仁は2008年1月に一般女性と結婚。
新藤晴一は2008年10月に女優の長谷川京子と結婚しています。
ハルイチがハセキョーと結婚したのには驚きましたが、その後結構すぐにアキヒトが結婚したことも驚きました。
アキヒトのお相手は、バツイチで子持ちなんだとか。

余談になりましたが、さっそくポルノグラフィティのおすすめの曲を勝手にランキング形式でご紹介!!

ポルノグラフィティの名曲15選!

有名どころでいえば、”アポロ”を始め、”サウダージ”や”アゲハ蝶”なんかがあげられますが、ポルノグラフィティの楽曲としてはあまりメジャーではない楽曲も含め個人的な見解でチョイスしてみました。

No.1 横浜リリー

アルバム「m-CAVI」収録曲。
自分がポルノグラフィティの曲の中で最も聴いた楽曲です。
ポルノグラフィティの楽曲の中ではバラード曲に位置付けられるのかなと思います。
弦楽器を用いて作られているトラックは横浜の”中華街”などを連想させますね。
個人的には一番おすすめです。


横浜リリー
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.2 愛が呼ぶほうへ

2003年リリース。オリコン最高位は3位。
切ないメロディが良いですねー。
個人的には、当時のライブで歌っているバージョンの”愛が呼ぶほうへ”がすごく好きなんですね。
サビの「僕を知っているだろうか♪」の歌い方がCDと違ったり、、細かいですが笑

これが原曲。


そしてこちらがライブバージョン。


弾き語りっていうのがますますかっこいいです。
「74ers」というこの年大阪城ホールで行われたライブですが、良いライブでしたね。
ライブDVDまで購入してしまいました。
間違いなくおすすめの一曲!!

愛が呼ぶほうへ
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.3 ヒトリノ夜

アニメ”GTO”の主題歌。
これをカラオケで歌ったことがある人は多いと思いますが、キーが高い高い。。
すごい発散されますけどね笑
ライブでも盛り上がること間違い無しの一曲。
この時のアキヒトの声も若いですねー。


ヒトリノ夜
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.4 ハネウマライダー

2006年リリース、20枚目のシングルです。
ベースのTamaが脱退後、一番のヒットソングじゃないですかね?
このころ中高生の間でこの曲を知らない人の方が少なかったのではと思います。
ポカリスウェットのcm(当時は綾瀬はるかが出演していました。)にハネウマライダーが起用されたのも人気が出た要因かもしれないですね。
ライブではサビでタオルを回すのが恒例!!
夏になると聴きたくなります!!


ハネウマライダー
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.5 メリッサ

アニメ”鋼の錬金術師”の主題歌。
このころのポルノグラフィティの勢いはすごかったですねー。
まさに絶頂期でした。
今もなお、カラオケランキングの上位に入っている”メリッサ”。
有名な楽曲ですね。


メリッサ
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.6 まほろば○△

アルバム「PORNO GRAFFITTI BEST BLUE’S」収録曲。
同時期に、PORNO GRAFFITTI BEST RED’Sがリリースされて、オリコンランキング1位と2位を独占していました。
この”まほろば○△”が「PORNO GRAFFITTI BEST BLUE’S」に、”フィルムズ”が「PORNO GRAFFITTI BEST RED’S」にそれぞれ新曲として収録されました。

まほろば○△
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.7 ミュージック・アワー

2000年リリース。シングルがリリースされた時のオリコン最高位は5位。
ポルノグラフィティの中で定番の一曲ですね。
特にライブでは大盛り上がりする曲で、”変な踊り”をサビでみんなで踊りますね!
夏(懐)メロですねー。


ミュージック・アワー
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.8 ライン

アルバム「m-CAVI」収録曲。
当時はMステで披露されてこの曲の人気が上昇しました。
バラード調。切ないラブソングです。
中高生で失恋した人にはしみる一曲かも…

ライン
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.9 うたかた

アルバム「THUMPx」収録曲。
横浜リリーもそうですが、弦楽器のような”和”というか、そんなテイストが入っている曲が自分としては好みです。
うたかたはメロディも聴きやすいですね。アルバム「THUMPx」の中で一番おすすめです。


うたかた
ポルノグラフィティ
J-Pop

No.10 黄昏ロマンス

2004年リリース。オリコン初登場で3位を記録しますが、次週には10位にランクダウン。
当時にしてはそれほど売れた楽曲ではなかったですが、個人的にお気に入りなんです。
メロディが好きな人は好きだと思います。


黄昏ロマンス
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.11 東京デスティニー

2013年リリース。ポルノグラフィティのメジャーデビュー15周年の年ですね。
トラックが大人な感じを醸し出していて、夜に聴くと良い感じ。
直近のポルノグラフィティの曲だと一番おすすめです。


東京デスティニー
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.12 瞳の奥をのぞかせて

2010年リリース。
大人な雰囲気の楽曲ですね。
盛り上がる楽曲ではありませんが、全体的に聴きやすくておすすめ。


瞳の奥をのぞかせて
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.13 A New Day

2008年リリース、「PORNO GRAFFITTI BEST ACE」収録曲。
アルバムの最後に新曲として収録された楽曲です。
特におすすめはサビですね!急にあがる感じがなんとも言えません。


A New Day
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.14 空想科学少年

アルバム”foo?”収録曲。
割とマイナーな楽曲ですかねー?
サビが良い感じで盛り上がりますね。

空想科学少年
ポルノグラフィティ
J-Pop




No.15 痛い立ち位置

2008年リリース。
PVにはPerfumeが出演していることもあって当時話題になりました。
一部はPerfumeがボーカルを入れている箇所もありますね。
CDに収録されているのはポルノグラフィティのボーカルのみのものになります。


痛い立ち位置
ポルノグラフィティ
J-Pop




以上、ポルノグラフィティのおすすめ曲を勝手にランキング形式で紹介しました!

ポルノグラフィティのおすすめアルバムは?

ポルノグラフィティがこれまでリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。
※オリジナルアルバムのみ掲載

・ロマンチスト・エゴイスト(2000年3月8日リリース)
・foo?(2001年2月28日)
・雲をも摑む民(2002年3月27日リリース)
・WORLDILLIA(2003年2月26日リリース)
・THUMPχ(2005年4月20日リリース)
・m-CABI(2006年11月22日リリース)
・ポルノグラフィティ(2007年8月29日リリース)
・∠TRIGGER(2010年3月24日リリース)
・PANORAMA PORNO(2012年3月28日リリース)
・RHINOCEROS(2015年8月19日リリース)
・BUTTERFLY EFFECT(2017年10月25日リリース)

オリジナル・アルバムだけでこの枚数ですからね・・。
すごい数の曲をこれまでリリースしてきていることがわかります。
おすすめはと聞かれると難しいですが、個人的には「m-CABI」ですかね。


ポルノグラフィティとPerfume

ちなみに、ポルノグラフィティとPerfumeは同じ事務所なんですよね。
なので、上記で紹介した”痛い立ち位置”のPVに出演しているんです。
両者は仲が良くて、年に一回、ポルノグラフィティが主催しているフェスに出演したり、”僕らの音楽”というTV番組でもポルノグラフィティがPerfumeをゲストに呼んでいたり。

Perfumeのおすすめ曲も紹介しているますので、よろしければぜひチェックを!
Perfume
おすすめはこれだ!!


アーティスト別検索はこちら!
アーティスト別検索


  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。