Kygo new album”Cloud Nine” 勝手にレビュー!

kygo cloud nine

2016/5/13にKygoのニューアルバム”Cloud Nine”がリリース!!

すでにシングルカットされて大ヒットとなっている”Firestone”を筆頭に、今回も聴きごごちの良い楽曲が詰め込まれています!
Cloud Nineに収録されている全楽曲を勝手にレビュー!!

Cloud Nine全曲レビュー!!

Intro

ピアノ音で構成されるメロディを聴きながらこのアルバムにはどんな楽曲が含まれるのだろうと期待を寄せていまいます。
アルバム全体を通して聴かないとあまり聴く人はいないかもですね。

おすすめ度


Intro
Kygo
ダンス

Stole The Show feat. Parson James

動画中で、曲開始までが長いですね笑
ビ後の間奏(2:20~)が一番の注目ポイント。
PV自体も独特で面白いですね。

おすすめ度




Stole the Show (feat. Parson James)
Kygo
ダンス

Fiction feat.Tom Odell

注目ポイントは間奏!!
ここのメロディを聴くと、あーKygoの曲聴いてるなーってなりますね。



おすすめ度



Fiction (feat. Tom Odell)
Kygo
ダンス

Raging feat. Kodaline

ちょっとトラックが単調かなー?
やっぱりKygoにはトロピカルを連想させる軽快なテンポの楽曲を求めてしまいます。
サビのメロディも個人的にはあまり好みではなく、ちょっと辛口評価。
itunesでは人気あるみたいですけどね。

おすすめ度



Raging (feat. Kodaline)
Kygo
ダンス

Firestone ft. Conrad Sewell

Kygo自身最大のヒット曲。
2015/8にリリースされてからロングヒットし、Youtubeでの再生回数は2億回を突破。
僕もこの”Firestone”をきっかけにKygoの楽曲を聴くようになりましたね。
全体的に良曲で、やっぱり間奏のメロディがさすがです。
文句なしの星5つ評価!!

おすすめ度



Happy Birthday feat.John Legend

タイトルから連想するに、盛り上がる曲なのかなーと思いましたが、ミドルテンポな楽曲でしたね。
友達の誕生日にかけて盛り上がる曲ではないため、誕生日などのシーンで使われるような曲にはならないかなー?

おすすめ度



Happy Birthday (feat. John Legend)
Kygo
ダンス

I’m in Love feat. James Vincent McMorrow

曲開始だけきくと、ん?ってなるかもしれませんね。
‘I’m in Love’というフレーズをひたすらループしているだけなので笑
そこで曲を止めてしまってはいけません。0:42~が本当の始まり。
サビへの音のつなぎ方(1:09〜)も良いですね。

おすすめ度



Oasis feat. Foxes

女性ボーカルFoxesをフィーチャリングに招いた楽曲。
ボーカルメロディはまあまあ、なんですが、間奏のメロディがあんまり好きじゃないかなー。。

おすすめ度



Not Alone (feat. RHODES)

切ないメロディが特徴。ボーカルもそれに合うように良い味を出しています。
優しい曲ですねー。強い音とかもないですが、聴きやすい一曲です。

おすすめ度



Not Alone (feat. RHODES)
Kygo
ダンス

Serious feat.Matt Corby

ボーカルの低音が聴きごごち良い!
バーとかでかけてもらいたい曲ですねー。
サビのslow down~♪のところとかディープですね。
おすすめ度



Serious (feat. Matt Corby)
Kygo
ダンス

Stay feat. Maty Noyes

すでにシングルカットされている楽曲。
多くの支持されている楽曲です。
間奏にはKygoならではの音が盛り込まれていて、とても聴きやすいですね。
2016/2月に公開したPVはまもなくYoutubeで1千万回を突破する勢い。

おすすめ度



Nothing Left (feat. Will Heard)

2015/7に公開された楽曲。
スローテンポな楽曲ですね。
好みが分かれそうだなー。

おすすめ度



Fragile

Labrinthというプロデューサーとの共作。
ベース音強く、シリアスな感じをAメロまでで感じさせられます。
テンポは遅めで、ボーカルも強めですね。
間奏にも注目しましたが、あまり特徴がなく、普通評価。

おすすめ度



Carry Me feat.Julia Michaels

アルバムで初めて収録された楽曲の中で一番おすすめです!
メロディ、間奏ともに文句なしですね。
間奏につながるドラムの入り方とかも自分好みでした笑

おすすめ度



For What It’s Worth (feat Angus & Julia Stone)

アルバム最後の楽曲。
音が少なめのトラックで、ピアノ音とドラム中心で構成されています。
うーん、普通の楽曲ですかねー。

おすすめ度



For What It’s Worth (feat. Angus & Julia Stone)
Kygo
ダンス

以上、全15曲をレビューしてみました!
やっぱり、Firestoneが良曲すぎて、この楽曲を星5つに設定すると、他の楽曲には5つ星をつけてあげることはできませんでした。

総じて、聞いて欲しいのは、Firestone、Stay、Carry Me、Stole The Showの4曲ですね。

このアルバム以外の楽曲で、Kygoはリミックスをかなり手がけていて、おすすめできるものが多くあります。下のリンクからkygoのおすすめをまとめたページに飛べますので、関心があればぜひ見てみてください。

Kygo
おすすめはこれだ!!


他のアーティストもおすすめをまとめて紹介中!
アーティスト別検索





  • トラックバック 停止中
  • コメント (2)
    • sonlascuatro
    • 2016年 5月 18日 4:39pm

    個人の好みですが、私はアルバムを通しで聞いて
    最後にPiano jamが聞こえてきてFor what it’s worthが始まったところで涙が出そうになりました

    ていうか、そもそもこういった曲にサビとか間奏とかいう部分ってありましたっけ…?

      • moreva
      • 2016年 5月 21日 9:46pm

      確かにcarry meからのFor What It’s Worthのつながりは良いですね。
      ただ、For What It’s Worthはあまりおすすめではないですねー。もうちょっと音がある曲の方が好みです。

      kygoの曲に関しては、サビと間奏の区別が難しい、というかおっしゃるとおりないかもしれないですねw