カテゴリー : 曲紹介

Jason Derulo / Try Me ft. J.Lo & Matoma

2015年6月リリース。

アルバムEverything Is 4 の収録曲。

Jason Deruloは近年人気上昇中のアーティストで、このアルバムが4thアルバム。
このアルバムの中なら断然Try Meを推します!

Jason Derulo、Jennifer Lopezの歌声がGOOD。
ちなみにft. J.Loはft. Jennifer Lopezの意です。

Matomaは作曲、編曲する人で、歌入れはしてないですね。
もしかしたら声を加工して素材として使っているとかはあるかもしれませんが。

Matomaとは!?

Matomaの作曲している動画があがっていました!
普通にイケメン!なんだ、プロデューサーはイケメンばっかなのか!?
この動画の3:28あたりから、カメラマンがフルートで演奏してみてくれ、とのことでMatomaがフルートを使って演奏しています。鮮やかだし、普通にトラックとして欲しいです!!笑
ちなみに使っているソフトはQbase.


本題の曲の話に戻りますね。

おすすめポイントは?

0:00~曲の開始からオートチューンを使ったような声が使われている箇所。
0:38~のサビ。タイトルでもあるTry meが使われてます。
1:08~のJennifer Lopezのバース。
曲全体を通して使われている電子音的な打楽器が個人的には好きですね。



Pitbull / Drive You Crazy ft. Jason Derulo, Juicy J

2014年リリース。

アルバムGlobalization収録曲。
Globalizationはむちゃくちゃ売れてましたねー。
Give me everythingをpitbullがリリースして以来、クラブミュージックの雄として君臨し続けている感じがします。
この曲のボーカルはJason Derulo
ラップはJuicy Jですね。

どちらも有名なアーティストで検索するとすぐに出てきます。

Youtubeにアップされているオフィシャルの音源は割と最近にあげられたものみたいですね。

おすすめポイントは?

0:31~のドラム、ベースを入れたサビ。
クラブで重低音が響き渡る環境で聞いていたいです。
あとは、1:31
Pull up to your bumper
In my new black car
Girl rev up your engine, I’ll push start your ignition
の箇所がいいですねー。



Alexandra Stan & INNA feat. Daddy Yankee / We Wanna

2015年7月リリース。

相変わらずAlexandra StanはセクシーなPVでの演出。

今回の曲、We Wannaは3人がパートを分けて歌ってます。
1バース目がAlexandra Stan
2バース目がINNA
3バース目がDaddy Yankee

曲の始まりはすごいバラードかな?メロウな感じかな?と思ったのですが、全然ノリノリな感じの曲でした笑

おすすめポイントは?

1:09〜のサビ。
1:11くらいでAlexandra Stanが両手あげて左右に振っていますが、楽しそう!
クラブで流れる機会があればあんな感じでノりたいなー。
1:28~も良い!
クセになるメロディラインです。

PVの曲の開始は0:16〜



Justin Bieber / What Do You Mean?

2015年8月リリース。

Justin Bieberってまだ21歳なんですね。。
全然僕の方が年上でした。。

イケメンで歌もうまいってずるいよ。。

What Do You Mean?は切ないピアノの伴奏が、と思いきや
ドラム、ベースと電子音がメインで若干アゲてきますね。

今回のPV、字幕付きですがなんと日本語に和訳されて出てくる・・・!
時代は進化するんですねー。
すごいすごい。

おすすめポイントは?

0:56~歌いだしから、ドラム、ベースが加わってくるところ。
思わず首でリズムをとっちゃいます。

PVは再生時、カミナリの大きな音から始まるので、イヤフォンなどで聞いている人は音量注意!




A Great Big World / Hold Each Other ft. Futuristic

2015年7月リリース。

A Great Big Worldを紹介する一発目の曲です。

2012年に大学生だった二人の男性、イアンとチャドによって結成されたユニットは瞬く間にブレイク。
a-great-big-world

2014年にはアルバム「Is There Anybody Out There? 」をリリースし大ヒット。
後日、このアルバムの中からも曲を紹介したいと思います。

2014年はさらに来日を果たし、サマソニに出演。
今海外で注目を集めているユニットです。

そんな彼らが最近リリースしたHold Each Other。
ラップにFuturisticを迎えたバラード調の曲になっています。

おすすめのポイントは?

特定の箇所のおすすめはないです。
一曲ちゃんときいていい曲と思えるかどうか、ですかね。

個人的にはジャケットがお気に入り!



Alexandra Stan / Dance

Alexandra StanはSaxを使った曲調が好きなんでしょうか?

Get BackやMr.saxobeatなんかもそうですが、この曲も間奏としてSaxが使われてますね。

2014年リリースの曲。

おすすめのポイントは?

0:31〜のサビにつながる所。
この部分、サビにつながる前にもう一回ループしてほしいのが個人的な感想。

しっかしエロい体してるなぁ。。。



Afrojack, D-wayne / Freedom(feat.Tyler Glenn )

ボーカルは少ないけどメロディラインが強烈で印象に残りやすい曲。

共作しているのはD-wayne。
D-wayne_intoroduce
彼もDJで曲もYoutubeにあげられています。
EDMでクラブミュージック系の曲が多いですね。



フィーチャリングはTyler Grenn。
この曲は歌入れの部分って少ないんですけどね。

おすすめポイントは?

聞いていただければ分かりますが、1:20〜のメロディラインが強烈です。
野外フェスとかでぶち上がること間違いなし!!

他のAfrojackおすすめはこちら!




アーティスト別検索はこちら!!


Afrojack & Shermanology / Can’t Stop Me

2012年リリース。
去年新木場AGEHAでAfrojackがDJをやっていた時には一番印象に残った曲。

ShermanologyはDJネーム(ユニットネーム??)で、三人組ですね。

shermanology_introduce


写真真ん中の方がこの曲のボーカルです。
力強そうな声出しそう・・w
なんて思ってたらその通り。

男性二人はAfrojackと曲を作っているのでしょうか?
そこまでの役割までは分からないですがw

おすすめのポイントは?

おすすめというか、初めて聞いたのが新木場AGEHAでだったんですよね。
そのとき印象に残ったフレーズが「24/7,365 yeah」でした。

でも部分的なおすすめは特にないかなぁ。
なんかこの曲検索するときに「24/7」で検索している人多いみたいですね笑

他のAfrojackおすすめはこちら!




アーティスト別検索はこちら!!


DJ HAZIME, JAZEE MINOR, SALU & サイプレス上野 / Back To Back

プロデュース DJ HAZIME
サビ歌 JAZEE MINOR
ラップ1バース目 SALU
ラップ2バース目 サイプレス上野

トラックがいいですね。
DJ HAZIMEがトラックつくってますが、彼は音楽プロデュースだけでなくアパレル会社の社長でもあるのですね。
もちろん”DJ”ですので毎週のようにクラブでプレイしてるようです。ブログにはその告知ばっかりです笑

サイプレス上野が参加、あるいはリリースしている楽曲は何回か紹介してきましたが、SALUは初めてです。SALUの名前は自身で命名。読み方そのまま、「猿」を意味しているみたいです。今回おすすめしたいのはサイプレス上野のラップよりもSALUのラップ。

おすすめポイント

0:24〜SALUのラップ。独特の韻の踏み方が何回もきいてるとクセになってしまいそう。
サビもトラックに合ってていい感じかな。
全体通してきいて欲しい曲ですが、個人的注目ポイントはSALUのラップで!



Cher Lloyd / I Wish ft. T.I.

Cher Lloyd、シェール・ロイドの曲紹介。

アメリカの人気番組「Xファクター」に出演し、そこで審査員をつとめるサイモン・コーウェルと出会い、後に彼のレーベルに参画。そこから曲をリリースするようになったとか。

Xファクターは面白いですねー。Youtubeにたくさんあがってますけど、感動するものが多くて。いつかXファクターお気に入りシリーズとしてブログが書けるくらいです。Cher Lloyd が出演している動画もアップされていたので興味のある方はぜひ。


審査員の一番最後に評価をしている人がサイモン・コーウェルです。
このときのCher Lloyd、なんか眉毛がヘン・・??w

曲のおすすめポイント

動画中0:26~,yeahで始まるところ、ここからノれるし良曲だと思わせてくれますね。
実際サビもいいし、個人的にはCher Lloydの曲では一番最初におすすめしたい曲です。

クラブで流れていてもいい感じになりそうですね。




tofubeats / POSITIVE を全曲試聴した感想

「水星」で一躍名をあげたtofubeats が、2015/9/16にニューアルバムPOSITIVEをリリースします。

全曲試聴してみましたが、気になる曲を2曲だけピックアップ。

Too Many Girls feat.KREVA

とにかく試聴前から気になってた曲。
tofubeatsからKREVAへの熱烈なオファーがあって実現した楽曲。
で、いざ試聴してみましたが

・・・・・

サビがいい!(。・・。)
いいぞいいぞ!tofubeats、いい仕事してる!
・・・
あれ??
ラップがきこえてくるけど、、、、
なんかKREVAの声じゃないぞ・・??





・・・・








tofubeatsのラップかーい!!ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

ラップするならKREVAでしょうよ、フィーチャリングしてるんだし。。
ということで、現在は試聴で1分半、サビとtofubeatsのラップのみきけます。。
でもサビがいいし、KREVAもラップするだろうからそれは今から楽しみですね。
9/16にフル解禁です!

【9/16追記】

ということで、さっそくこの曲だけ購入しました。
曲の開始からいい感じ!もちろんKREVAもラップしてて、前半KREVA、後半tofubeatsですね。

おすすめポイントは?

0:05からベース的な音にやられました。
0:25~サビに入る前、KREVAのyeah,yaにしびれる。
KREVAのラップは途中から「a i」の韻が多くて

Too Many Girlsがキャンセル待ち
彼女はマフラーを編んでるらしい
デートしたい 付き合いたい
飛び込んでくるまるでfree wifi

てな感じ。全部の歌詞をのせることができないのは残念ですがトラックもいいので一度聞いてみては?

たくさんの女がキャンセル待ちとか言ってみてーなーww

POSITIVE feat. Dream Ami

脚フェチミュージックビデオと言われてますが、、

このアルバムと同じタイトルなのでリード曲と考えてよさそうですね。

1:29~のギターが良い。
サビも一回きくと頭に残ってしまうような感じ。
でもこの曲おすすめ!っていうほどではないなぁ。。



他にもまだまだ曲が収録されていて、今回はいろんな人とフィーチャリングしてます。
けど、個人的にお気に入りの曲は少ないです。。。


twoloud / Higher Off The Ground

今年ロスに旅行してた時にDJがプレイしていてそこで知りました。

twoloudは2人組、どちらもDJということで、曲中の歌い手は彼らとは別の人が担当しているのでしょう。
ウィキでプロフィール的なものをみましたが、ドイツ語表記で全然わからんw

Higher Off The Groundのボーカルは誰なんでしょう?

クラブミュージック系ですね。

おすすめのポイントは?

動画で曲開始は0:06〜ですが、
0:06〜0:53あたりまでおすすめです。


【感想】908 festival 2015 前夜祭 行ってきました!

krevafes_pic

9/7に日本武道館で行われた908 festival 2015にいってきました!

ライブ内容としては、前半はKREVAソロ、後半がKICKといった形。

【前半】KREVA

前半は、今年行われていたKREVAのツアー「Under the moon」の前半戦の内容を凝縮した形。
(と、ライブ前のインタビューで言っていましたね。)
個人的にはツアー自体参戦していたので、新しいセットリストの方が嬉しかったけど。
勝手に盛り上がってたのは、THE SHOW、成功、I Wanna Know Youかなー?
トランキライザーも意外と盛り上がるんだよなー。シングル出たころはそんなに盛り上がると思っていなかったけど。
前半終盤の3曲、Have a nice day!、C’mon Let’s go、KILA KILAはもうおなじみ。

途中、ビコーズ → 今夜はブギーバックの流れはUnder the moonの前半戦とほぼほぼ一緒でしたね。

【後半】 KICK THE CAN CREW

前半最後のKILA KILAでは

「行けるなら絶対いっとけ」

というフレーズがあるのですが、これはKREVAの代名詞。
(と、KREVAが言ってました!)
ほんとにそう思うし、KREVAに出会ってからはこのフレーズに後押しされて行動を起こせたことが
確実に多くなりました。
これはKICK時代から使われているフレーズであることがKREVAから紹介されて、後半に突入。

もうKICKが登場するときは会場の熱気がものすごかったです。
みんなKREVAのライブにきているのではなく、KICKのライブに来ているのではないかと。
でもこんな機会、滅多にないですからそういう方が多いのは事実かもしれないですね。

カンケリ01、GOOD TIMEから僕大はしゃぎw
心臓からファンになった僕はKICKのメジャーではない曲は知らなかったので、
BREAK 3はノりきれず。。。
地球ブルース~337~、マルシェ、イツナロウバ、sayonara sayonaraの流れは
はしゃいでいけ!!!!と言わんばかり。
おかげさまで声がらがらですよ。

ユートピアは特に大学生時代よくきいていた曲で、すごい懐かしい思いでがよみがえってきました。
泣きそうになった。。。

これは良曲。



で、アンコールのクリスマス・イブRap。
KREVAのバース、感動しました。
泣きそうになった。。というかちょっと泣いちゃった。。笑

それにしても、イッサイガッサイ、OH YEAHが披露されなかったのは予想外でした。
せっかく【要チェック!】908 festival 2015 前夜祭 kreva編で紹介したのになあ。

2016年にはKREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない」が完全に新作となって上演されるとのこと!
2014年に最高はひとつじゃないをみにいって、なかなか良かったのでぜひ今回も見たいです。

セットリスト

【前半】 KREVA
01. 音色
02. THE SHOW
03. BESHI
04. 基準
05. 挑め
06. ストロングスタイル
07. 成功
08. It’s for you
09. 王者の休日
10. ビコーズ → 今夜はブギーバック
11. I Wanna Know You
12. トランキライザー
13. Have a nice day!
14. C’mon Let’s go
15. KILA KILA

【後半】 KICK THE CAN CREW
01. タカオニ2000
02. スーパーオリジナル
03. カンケリ01
04. BREAK 3
05. GOOD TIME
06. ONEWAY
07. ユートピア
08. 地球ブルース~337~
09. マルシェ
10. イツナロウバ
11. sayonara sayonara
12. アンバランス

【アンコール】
01. クリスマス・イブRap
02. Na Na Na

Stacie Orrico / I Could Be The One

ステイシー・オリコの楽曲紹介。

I Could Be The Oneがリリースされたのは2004年ですが、この頃に日本でのツアーを開催。
しかし、それを最後にしばらく活動が途絶え、2006年にカムバックしますが
リリースした楽曲は低調であまり売れなかったみたいですね。

昔の曲は良さげな曲があるので、このブログで何曲か紹介予定です。

おすすめのポイントは?

全体をきいて良いと感じる曲。
ポイントをあげるのであれば、0:31~がおすすめ。


【要チェック!】908 festival 2015 前夜祭 kreva編 vol.2

kreva編その2!!

【要チェック!】908 festival 2015 前夜祭 kreva編
ではNa Na Na ,そしてOH YEAH!を紹介しましたが、
もう2曲、外せない曲があります。

成功

2009年1月にリリースされてからライブでは定番曲となった曲。
アルバム心臓にも収録されており、この曲はライブでは外してくることは考えにくいです。

ライブ時におさえたいポイントは2つ。

まずは、サビ、例えば0:38〜です。
成功では、曲の終盤でみんなでサビを歌う場面がライブではよくあります。

お前の成功は俺の成功 俺の成功はどう?
もしそうなりゃそりゃもう最高 行けるとこどこまでも行こう

このフレーズを覚えておけば盛り上がれますね。

ポイントその2、2:32〜あたりから。
例えば大学受験、桜の木の下胴上げ
そんで万歳三唱 一本締めやら三本締めやら超やべ

この「胴上げ」「超やべ」は韻を踏んでますが、観客にマイクをむけられて
みんなで叫ぶ部分ですね。

ポイントその1、サビのフレーズを!
ポイントその2、後半の韻を!
この二つをおさえてライブが「成功」するといいですね。

KILA KILA

東日本大震災時に作られた曲。
個人的には0:16からボイスチェンジで歌われている
ちゃんとしゃがんで膝のクッション使って今と飛ぶようにスタート
が好きです。

ライブの時には以下の2つのポイントでみんなで叫びます。
1:04~のなめんじゃねぇって(なめんじゃねぇ!)
2:36~のビビんじゃねぇって(ビビんじゃねぇ!)

()で囲った箇所です。


【要チェック!】908 festival 2015 前夜祭 kreva編

kick the can krew編
に引き続き、最近のkrevaの曲で盛り上がってる曲は何?ってところをお届けしたいと思います。

今年開催されていた全国ツアーUnder the moon にも参戦し、その他のkrevaのライブにも参加している僕自身が、
盛り上がる曲をピックアップ。

Na Na Na

今までのライブだと、Na Na Naはアンコール前の最後の曲となることが多かったですね。
これはみんなでかけ声を出しまくるので、燃え尽きれる曲。
PVを使って盛り上がるポイントをチェックしましょう。

まずは0:14〜の「Na Na Na Na」
繰り返されますが、ここはKREVAにも「everybody say!」と言われると思いますので
Na Na Na Na 叫びましょう笑

次に0:21〜の「Hey」
Na Na Na Naの後にはHeyが2回。

この2点だけ意識していればこの曲はOK!
もちろん曲中盤、後半でも上記2点を使う時がやってきますので、
盛り上がってくださいw

OH YEAH

これはライブ映像を使ってみてみます。

この曲の盛り上がるポイントは、サビと終盤。

0:26〜のサビに着目。

つまらないことばっか いや!んなことないっておもいたいじゃない。
OH YEAH!
ここ!ここを叫べばOK!

その後もOH YEAH!を叫ぶところが続きます。
そして、0:42〜のサビの最後、
無駄がないことなんか この世の中にはまだそんなに

な〜〜〜〜い!!!!
これでサビは完璧。

そして終盤、2:28〜
こぼれた OH
OH
くれた yeah
yeah!
Oh
yeah!
Oh
yeah!
Oh
yeah!
Oh
yeah!
Oh
yeah!
Oh
yeah!
Oh
yeah!
Oh
yeah!
と、KREVAのコールにレスポンスを返します。

以上、この記事では2曲紹介。
どちらともシングルで発売された曲ですが、
発売されて以降、ライブで披露されなかったことはおそらく一度もないので
今回のfesでもやるんじゃないかなー?

特にNa Na Naが披露されないっていうのはちょっと想像できないですね。


【要チェック!】908 festival 2015 前夜祭 kick the can krew編

kreva_fes2015

2012年から毎年開催されているKREVAフェスティバル!
僕自身、2012年に参加して以来、2度目の参戦予定です。
2012年は開演前にKREVAと熊井吾郎のDJからすでに盛り上がってたなー。
特に、そのときだけ流れたPerfumeの「ポイント」のリミックスがむちゃくちゃよかった。


今年の908 festivalは、なんとkick the can krewとkrevaの2マンライブ!
krevaにとっては1マンみたいなものかw
なんと武道館でがっつりやるのは13年ぶりとのことで、これはkickファンにとっては待望の時では?

で、なかにはいろんな人がいるのではないかと。
例えば



「kickヤバい!あたし全部分かる!!あ、でも最近のKREVAの曲はちょっと分かんないかなー。全部楽しめるか不安。。」

とか、

「krevaからハマって、kickの曲はよく分かんないなー。」

とかとか。

ライブいくからには最初から曲を知ってることでより楽しめると思うので、今回は
kick the can krew編
kreva編
に分けて、ライブで披露される確率が高いものをピックアップしようと思います。

最近のkick the can krew のセットリストは?

・SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2015 -20th ANNIVERSARY-
2015年8月29日に行われたフェスでは、以下のようなセトリでした。
1.マルシェ
2.地球ブルース ~337~
3.スーパーオリジナル
4.sayonara sayonara
5.ユートピア
6.イツナロウバ
7.アンバランス

では、kick the can krew復活と銘打った2014年のロッキンはどうだったでしょうか。
・ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
1.マルシェ
2.地球ブルース ~337~
3.スーパーオリジナル
4.カンケリ01
5.GOOD TIME
6.ユートピア
7.sayonara sayonara
8.イツナロウバ
9.アンバランス
アンコール
10.クリスマス・イヴRap
11.タカオニ2000


この他にもkickが出演したフェス、ライブはいくつかあるのですが、
大体上のセットリストで共通しているものは披露されてます。

ライブ前にこれだけはおさえたい!

ということで、極めて披露される確率が高いのは、
・マルシェ
・地球ブルース ~337~
・スーパーオリジナル
・ユートピア
・sayonara sayonara
・イツナロウバ
・アンバランス

これだけおさえておけばノれること間違いなし!
・・・といいながらも何が披露されるか分からないからライブが楽しいっていうのもあるんですけどね。。

この中からsayonara sayonaraの紹介だけしたいと思います。
youtubeにはないんですかねー。有名な曲なんでなかったのはちょっと驚きです。

動画はDailymotionからですが、youtubeに比べると動画の読み込み速度が落ちるのですが。。

動画中の曲開始は2:52〜

ライブ中で盛り上がるポイントは?

まずサビの歌詞を。
【サビ歌詞】
さよなら さよなら 俺の嫌いなところだけ
いいとこ残し 今 過去からNEWDAY
つかみたい いつかみたい風景
さよなら さよなら 俺の嫌いなところだけ
いいとこ残し 今 過去からNEWDAY
つかみたい いつかみたい風景

この曲でおさえておきたいのはサビの
さよなら さよなら 俺の嫌いなところだけ
の後に
Yeah!!
がきます。
もうここ!
ライブ時はここに全力で叫びましょう!
Yeah!!!!!!


KICK THE CAN CREW / クリスマス・イヴRap

KICK THE CAN CREWの中では一番好きな曲。

KICK THE CAN CREWの名が売れたのもこの曲の影響が大きいのではないでしょうか。

サビをきいてみて分かる通り、山下達郎のクリスマスイブをサンプリングしたもの。

サンプリングした曲は自身名義の曲としてリリースする前にいろいろ許可をもらわないといけないことが多くて、時間がかかるということを以前、KREVAが話してましたね。

そのせいか、itunesにはこの曲がない。。
他のKICKの曲はあるのに。。。

もちろん、原曲は言わずと知れた名曲で、とてもいい曲。
比べて聞いてみると、クリスマス・イヴRapでは原曲のどこをサンプリングしているのかがすぐに分かると思います。

クリスマス・イヴRapのサビはKREVAが歌入れしてます。

おすすめは3:28~のKREVAのラップ。
その部分だけのライブ動画もあったんでアップします。

この動画、約7分もありますが、実際の曲はそんなに長くなく、5:57で終わりです。



Major Lazer & DJ Snake – Lean On (feat. MØ)

Major Lazer & DJ Snakeとコラボの一曲。

コラボというか、Major Lazerは3人組なんですけどね。

majorlazer


左から、
DIPLO
Jillionaire
Walshy Fire
です。

DJ Snakeはこの人。



DJ Snake



なんだ、ただのイケメンフランス人か。

と思いきや、曲が良い!

今回紹介するLean Onはいまやクラブで流れない日がないほどの人気曲。

日本でだけでなく、もちろん海外でも。


Carly Rae Jepsen / Making The Most of The Night

この曲が、Carly Rae JepsenのアルバムE·MO·TIONから紹介する最後の曲になると思います。

今までこのアルバムから紹介したのは

・E·MO·TION

・Let’s Get Lost

・ I Really Like You

ですが、Making The Most of The Nightが一番おすすめですね。

特におすすめポイントはサビ。
0:42〜です。